を主症状varicose脈:症状の原因と予防

症状のvaricose脈が見えない場合もありますが原因となり深刻な合併症のない場合。 削減の静脈カルな機能の静脈弁の弱体化に繋がる血流停滞の血液の。

何varicose脈?

varicose脈

校コースの解剖すべての児童を知ってる人体の血液の循環を通じて大小血管を検査する時に使用する

動脈血、豊富な酸素、組織や器官を通して、静脈からの体をパワーアップを図っています。

の体物理の法則を含む法律の重要性がますます増してい 場合、静脈音は通常のバルブシステムが正常に動作する事を防止血液の逆流を強制するので流れを向上し、心するという問題についての問題をもたらしていました。

ですが、年齢の影響を受け複数の要因によって、状況が悪化は、血液が停滞し、血管の下肢が圧迫の壁の静脈の開発varicose.

症状や兆候のvaricose脈の下肢

多くvaricose静脈ます。 ト血管病態の内臓、最初の看病の可視する適時開始の治療や予防策を講じてきました。

病理学的プロセスの血管に足り人に次のようになっています:

  • る不快感や痛み、足;
  • 夜には、手足をうねうねり;
  • する懸念かゆみ、燃焼の皮膚の足首;
  • 皮下に見ても血管のパターン
  • 時間の壁の静脈のバルジの皮膚表面に、"根","財布"満血

前処理の進行と、病気が悪くなり、電力、足の皮膚色が変わりホームモバイルエレクトロニクス表面を潰瘍、炎症、一部の地域の萎縮.

ステージのvaricose脈

  1. される厳しさと不快感を足後の日も一日頑張ったものの、視覚症状がない場合;
  2. る症状のステージ0に追加された血管のパターンの脚;
  3. 増上に突き出し、皮膚、血管壁に この段階である、血栓症;
  4. これらの症状に補足のむくみ、足の夜に又は長期の定着、
  5. 開始を示す、違反の生物生産機能の血液、皮膚暗くなるための下には顔の形成の炎症潰瘍;
  6. 形成された白のパッチを皮膚に種類のお届けは比較的普通肌の調子;
  7. 皮膚には癒しの栄潰瘍

原因varicose脈の足:

  • 着不快なシューズ、狭いですが、高イヒールのシューズのインジェクション
  • 身体活動;
  • 長期滞在の"足";
  • 遺伝因子;
  • 長頻繁に航空旅行による車

深varicose脈でき、併症状の内分泌ホルモンの障害の両方の男性と女性です。

Varicose脈の小さな骨

女性varicose静脈は、骨盤が子宮をな結果が不十分であ腺結合組織、マニフェスト自体により、次のような特徴がある。

  • 通常の痛、下腹部を着て、痛む文字;
  • の痛みが"得"の部、会陰腰裏;
  • 増気になる症状が出た後の身体活動の長期滞在の足下、性的接触、
  • 顕著な症、月経前症候群人間–痛;
  • 一号として重放電からの膣;
  • あ障害の排尿

による診断と定める処理できる医師の中で検査する。

が、そのリスクにvaricose静脈は、骨盤が増えりも大幅に低減させることができ妊娠です。

さまは、女性のあるべき特別口座では、疾患の直接的禁忌症の自然出産を必要と経験、解像度の帝王切開で女性と類似の診断がつくのです。

Varicose脈の食道腸

処理のvaricose脈

この病理との対比でみると、前回数回りの男性です。 その理由のためその開発:

  • 慢性肝疾患;
  • 心臓血管障害;
  • 病態が圧縮の門脈

Varicose脈の食道 が無症候性. きであることに留意すべきでしょう症などの

  1. 激しさを胸に
  2. 困難と摂取食品
  3. げっぷ、胸焼け
  4. 嘔吐とスカーレットの血を示す内出血

Varicose脈の腸のは、痔–拡張脈の直腸に届ける痛みや違和感の

症状の痔:

  • かゆみ、灼熱の肛門;
  • 痛み、不快感、虚偽のよう軽く踏んば;
  • からの出血は直腸;
  • 損失のノード、むくみ、サイズを拡大

原因痔する慣、貧しい食事、アルコールの濫用、妊娠、及び便秘秘か

の予防-治療varicose脈

予防に動作します。 長年のやりとお座りいただき、必要に句活動に一時停止し、演習、体暖ます。

べきではない虐待を受ける不快な服、タイトなパンツ、乱の血流の高イヒールのメーカー。 身体活動、可能な場合には、適当な量と思われます。

後の一日の疲れや緊張から足の除去に暖かい足湯、圧注浴.

防痔べきである食事バランス、濫用されるアルコール性脂肪食時空にお腸および便秘の予防、ケアの肛門.

の処理を所定の博士後の診査-診断によっては、ステージの疾患、重症度の症状です。

以上を全体としてみれば、向上のための音の血管は、予約制の薬着圧縮の支援の下着と物理療法です。

Varicose脈がしやすい防止のたよりします。 だいことに気づいた宿、足が痛い、疲れた、腫れない場合は不快感、胃、食道、腸がんの相談医療施設のすぐなぜなのか、何をすべきかは分かっています。