女性と男性の脚の静脈瘤の原因と症状

静脈瘤は病的な状態です。慢性的な静脈不全の結果、静脈壁が薄くなり、静脈の内腔が増加し、動脈瘤のような拡張(ノード)が形成されます。視覚的に、静脈は非常に腫れ、色が青色になり、ねじれます。足の重さの感覚とその疲労感、足と足の浮腫、足の夜のけいれんが現れます。

静脈瘤の原因

正確な原因を特定することはできませんが、静脈瘤が発生する結果として、静脈の圧力の増加と弾性の低下、および弁の弱化を引き起こす可能性のあるいくつかの要因があります。

臨床静脈学では、静脈瘤につながる多くの誘発因子が区別されます:

  1. フットワークまたは長時間立っている
  2. 足を圧縮する強力なゴムバンドが付いた靴下を使用します。
  3. 先天性疾患の結果としての組織の脱力​​
  4. コンピューター静脈瘤
  5. 直立歩行。脚は全身の負荷が高くなります。この要因は、長時間の立ち仕事が関係する人にとって危険です。
  6. 遺伝的素因。両親に静脈瘤があった場合、70%の確率で子供も病状を発症します。確かに、リスクを軽減して回避することができます。これを行うには、挑発的な要素を作成しないでください。遺伝的素因があると、静脈瘤が非常に早く現れます。
  7. ライフスタイル。人が十分に活動していない場合、静脈瘤のリスクが高まります。静脈科医はこの状態を「コンピューター静脈瘤」と呼んでいます。
  8. ホルモンの混乱と妊娠。妊娠中、血液量の増加と子宮の拡大による静脈の圧迫により、静脈瘤が発症します。ホルモンかく乱により、プロゲステロンの生成が増加し、エストロゲンの合成が減少し、血液凝固が増加します。
  9. 血流の障害。この状態は、血栓の形成、腫瘍の発生とともに起こります。
  10. 肥満。過剰な体重は脚への負荷を増加させ、血液循環障害が始まり、余分なポンドは腹圧の増加を引き起こし、それが血液の流出を変化させます。
  11. 糖尿病。病気になると、糖レベルが高くなると血管系に損傷を与え、血栓が形成されます
  12. ストレスや神経障害は血管に影響を及ぼし、静脈瘤の発生につながります。
  13. アルコール乱用。アルコールは身体を脱水する可能性があり、過度に摂取すると、血液が濃くなり、静脈が詰まり、血流が遮断されます。
  14. 偏食。体がビタミンC、E、P、および有用な微量元素を受け取らない場合:血液循環が妨げられ、血管の状態が悪化し、静脈瘤につながります。
  15. 頻繁な便の滞留。この場合、腹圧が上昇し、足の血流が悪くなります
  16. 腎臓と心臓の病状。
  17. 血液凝固を促進するための薬物の過剰摂取

疾患の発生原因に応じて、静脈瘤には主に3つの段階があります。

  • 報酬。
  • サブコンペンセーション。
  • 非補償。

静脈瘤は深刻な病理ではありませんが、合併症はひどいです。

注意してください!病気が現れても自然には治りません。専門家に適時に連絡しないと、重大な違反につながり、危険です。

静脈瘤の主な症状

静脈瘤の臨床像は難しくありません。これにより、静脈専門医は迅速に予備診断を行い、患者を機器診断に送ることができます。

重い脚

静脈瘤の主な兆候は次のとおりです:

  1. 1日の終わり、夕方の脚のむくみの外観。特にタイトな靴を履いているときに、最初の症状が発生する可能性があります。朝の通常の休息の後、腫れは消えます
  2. 重い脚。人は重さだけでなく、特に就業日後に子牛がはじけるのを感じます。この症状は、座りがちな仕事をしている人によく見られます。夕方に歩いて適切な休息を確保すると、症状は朝に消えますが、夕方に再び現れます
  3. 脚、特に子牛の激しい熱
  4. ふくらはぎをけいれんさせる夜間のけいれん
  5. 脚の血管網の外観(青赤の「星」)
  6. 脚の静脈の増加(まるで皮膚の上に隆起しているように)。この兆候は、発達する最後の一つであり、顕著な静脈瘤について話します。

説明されている症状は強制的な治療の対象であり、これが早期に行われるほど、合併症の重症度は低くなります。

静脈瘤の合併症

静脈瘤が出現した場合、病理学はそれ自体では消えず、治療なしでは合併症を引き起こし始めます。静脈瘤の危険性は何ですか?また、疾患の背景に対してどのような影響がありますか?

静脈瘤のコースの複雑な形は、次の方法で感じられます:

  • 急性血栓性静脈炎。
  • 栄養性潰瘍。
  • 静脈血栓症。
  • 出血。

進行性疾患は、静脈血栓性静脈炎を引き起こし、その後、静脈血栓症を引き起こします。このような状態は深部静脈に影響を及ぼし、脚の血流は妨げられるだけでなく、壊疽が形成されるために停止する可能性があります。

静脈瘤の診断

静脈瘤の発症の初期には、症状は通常はっきりとせず、脚の痛みやその他の感覚は疲労に起因することがよくあります。

患者は医師の診察をすぐに決定しません(静脈が腫れ始め、肉眼でこれが顕著になるとき)。

静脈科医は静脈瘤の診断に従事しており、診断は患者との会話、内部検査、特に診断研究のデータに基づいて確立されます。特に

  • カラー両面検査。血液の速度、方向を測定することができます。データは血流のマッピングを可能にします。
  • フレボグラフィー。静脈の外部特性、バルブの操作を示します。この方法は極端な場合に使用されます。
  • 診断テスト-静脈の開存性と弁の状態を確認できます。最も一般的なテストはTroyanovaです
  • ドップラー超音波-特定の血管内の血流の評価が実行されます。

説明されている方法は、表在性および深部静脈の診断に使用されます。

下肢静脈瘤の影響

危険は、静脈瘤自体ではなく、その後の合併症と、人命への真の脅威となる結果にあります。詳しく見てみましょう。

静脈不全

この状態には、いくつかの開発手順が含まれます。静脈不全のごく初期には、変化はわずかであり、水平な静脈逆流が現れます。

瀉血専門医による脚の検査

4つの段階を区別できます:

  1. Null。典型的な症状はなく、脚が一時的に腫れるだけで、静脈がわずかに見えます。
  2. 最初の。脚に重度の静脈瘤を伴いますが、栄養障害はありません。
  3. 2番目。多数のノードを持つ脚の静脈の明らかな外観、脚は湿疹、潰瘍の影響を受けます。
  4. 3番目の。薬物療法で止めることができない持続性栄養障害。

慢性静脈不全患者は次の症状を示します:

  1. かゆみ。
  2. 痛み
  3. けいれん。
  4. 腫れ。
  5. 血液の停滞と形成物の形成(静脈瘤)
  6. 潰瘍。

血栓性静脈炎

この合併症は、血管を塞ぐ血栓の出現を特徴とします。血液が粘稠になり、排出が困難になります。大腿と大腿下部が影響を受けます。瀉血専門医は、顕著な変化によって合併症を簡単に特定できます:

  • 発赤。
  • 痛み
  • 弱点。
  • 生地をシールします。

血栓性静脈炎が発症すると、肺動脈を含む多くの静脈が影響を受けます。血栓性静脈炎の治療は最初の症状で遅滞なく実施されるべきであり、手術は治療として使用されます。

静脈瘤が下肢に到達していない場合、初期段階で外来治療が行われます。

処理には、次を適用します:

  • 炎症のための非ステロイド性薬。
  • 抗凝固剤。
  • 血管保護剤。
  • 分解。

栄養性潰瘍

流血性潰瘍は、血液流出がひどく損なわれている進行した症例では常に発生します。合併症の典型的な兆候:

  • 遅い形成
  • 足の皮膚の黒ずみ、強い色素沈着。

脚への外傷は、潰瘍を損傷および破裂させる可能性があります。迅速な支援を提供する場合、結果はなく、損傷はすぐに治癒します。そうしないと、組織の炎症が始まり、さまざまな重症度の細菌感染が発生する可能性があります。

複雑な栄養性潰瘍を治療するための操作が実行されます。治療中、専門家は2週間以上の安静を処方します。保守的な治療として、広域抗生物質、再生薬、局所消毒薬が処方されています。

肺塞栓症

血栓塞栓症は最も危険であり、しばしば致命的な結果をもたらします。この状態は、脱落した血栓性腫瘤による肺動脈またはその枝の閉塞を示唆しています。

主な開発リスク:

  1. 腫瘍学。
  2. 操作の実行
  3. 心不全。
  4. 血栓症。
  5. 長期の嘘

合併症は女性でより一般的であり、発達は子供でも可能です。肺塞栓症は、次の症状によって判断できます:

  1. 胸の痛み
  2. 温度上昇
  3. 頻脈。
  4. 咳をする
  5. 喘鳴。
  6. 息切れ。

単独で疾患を診断することは不可能であり、血栓塞栓症が疑われる場合、緊急入院が行われます。

静脈瘤の治療と予防

今日、静脈瘤の治療にはいくつかの主要なタイプがあります:

  • 保守的な扱い。テクニックは病気の段階に依存します。彼らは薬物療法、罹患した静脈の硬化療法、および圧迫治療を使用しています。
  • 外科的治療。この方法には、静脈の高周波閉塞、静脈内熱閉塞、バラディ手術、静脈のレーザー凝固などのいくつかのタイプの手術が含まれます。

予防の本質は、血管を健康な状態に維持することと、静脈循環の障害を防ぐことです。

予防策は、遺伝学または立ち仕事により静脈瘤を発症する可能性のある健康な人、およびすでに静脈瘤に罹患している人にも示されます。

防止のために、次のものが必要です:

  1. 体重をコントロールするため、肥満の場合、脚に負荷がかかり、血行が悪くなり、血管が正常に機能しなくなります。減量ダイエットを適用するときは、メニューが正しく、完全になるように制御する必要があります。
  2. 正しく食べると、血管系を強化し、血液循環を正常化する食品が食事に含まれます。より多くの植物性食品、全粒粉パンを含める必要があります。
  3. 適度な身体活動を行い、静脈瘤を防ぎ、脚の静脈を良好な状態に保ちます。水泳、ウォーキング、ダンスに最適
  4. ゆったりとした服や靴を履いてください。
  5. 有用な物質で組織を飽和させ、血液循環を改善し、血管を強化できる軟膏やクリームの形の製品を使用してください。

静脈瘤が発生し始めたとしても、予防により病理の発生が大幅に遅くなり、合併症のリスクが軽減されます。