静脈瘤に対する禁忌

静脈瘤は、弁装置の機能不全によって特徴付けられ、血管の内腔の増加、静脈壁の薄化、および血液循環の障害につながります。栄養性潰瘍や血栓性静脈炎の発症を防ぐには、ライフスタイルを調整する必要があります。治療を成功させるには、静脈瘤の禁忌を理解し、あらゆる方法でそれらを回避する必要があります。適度な身体活動、パワースポーツの拒否、不健康な食べ物は、病気の進行を止める手段です。

適切な服と靴の着用に注意してください。薬を服用するときは、必ず制限について調べてください。予防措置は、薬物療法の期間中および生涯にわたって観察する必要があります。このアプローチにより、静脈瘤に対処し、合併症の発生を防ぐことができます。

静脈瘤の主な禁忌

処理が期待した効果を発揮するためには、いくつかの制限事項に注意する必要があります:

  • 医師の処方箋なしでホルモン剤を服用している。ホルモンを含む薬は血液を濃くし、血栓のリスクを高めます。避妊が必要な場合、薬物は低用量でなければなりません。避妊薬の代替手段は、非ホルモン性の子宮のらせん、コンドーム、またはバリアキャップです。
  • 入浴手順。熱作用により、毛細血管への圧力が増加します。これは、静脈瘤の進行を引き起こす可能性があります。
  • 足湯。高温になると、静脈が急激に拡張します。血液は加熱された領域に強く押し寄せ、血流を増やします。血液循環の回復にもかかわらず、温浴は静脈構造の状態に悪影響を及ぼし、血管の壁が損傷します。結果として-血栓分離、出血、血栓性静脈炎または肺塞栓症。
  • 日光浴。静脈瘤のためのビーチやソラリウムへの訪問はお勧めしません。危険なのは紫外線そのものではなく、過熱です。熱暴露は、静脈壁の緊張の低下、それらの透過性の増加および浮腫の出現を伴う。太陽に過度にさらされると、静脈のうっ血が進行し、静脈の過度の拡張が引き起こされます。
  • タトゥー。静脈が拡張した領域にタトゥーを入れることは、深刻な合併症を引き起こす可能性があるため、固く禁じられています。細い血管は傷つきやすく、炎症プロセスを引き起こします。
  • 圧縮。医師の指示によってのみ許可されます。正しい湿布は血管に有益な効果をもたらし、リンパを薄くします。コンポーネントに対して個々に不寛容な状態で使用することはできません。
  • レーザー脱毛。静脈瘤がある髪の毛を取り除くためにレーザーを使用することはできません。それは皮膚を温め、病気の経過を悪化させます。
  • コントラストシャワー。温度差はごくわずかです。そうでなければ、静脈が苦しみます。
  • ハイドロマッサージ。静脈瘤を伴う身体の領域に対する強力な水の噴流の影響は、疾患の非代償期、血栓性静脈炎および潰瘍性栄養病変では許容できません。
  • ホットラップ。この手順では、損傷した静脈構造が高温に曝され、その状態に悪影響が及び、血栓の形で深刻な合併症を引き起こす可能性があります。別の方法は、脂肪を燃焼させて血管の緊張を回復させるコールドラップです。
  • 中絶。静脈瘤では、妊娠中絶は女性の生活に脅威をもたらします。小骨盤の静脈瘤で流産することは特に危険です。
  • 腹腔鏡検査。皮膚に近い静脈が影響を受ける場合、手術の問題を回避できます。大血管のストレッチは、低侵襲手術中に静脈を損傷するリスクを伴います。
  • 泥療法。静脈瘤の進行の初期段階でのみ血管緊張を回復します。皮膚や栄養性潰瘍が損傷した場合、この手順は受け入れられません。プログレッシブ形式では、泥療法は除外されます。皮膚の過度の乾燥は血管の深刻な問題を伴います。
  • ある種のマッサージ。静脈瘤のある領域でのアクティブな機械的作用のみが禁忌であり、血管に損傷を与える可能性があります。軽いマッサージは血液循環にプラスの効果をもたらします。
  • 自己回復。静脈瘤の治療のためのすべての操作は、医師と調整する必要があります。自分で取った対策は、取り返しのつかない結果をもたらす可能性があります。
  • 喫煙。ニコチンは、末梢血行障害を伴う血管けいれんを引き起こします。静脈のけいれんは、体液微小循環の悪化を伴い、先端チアノーゼの形で現れます。静脈は腫れ、非常に目立ち、青みがかった紫の色相を獲得します。血管の内腔が減少し、血圧が上昇し、静脈瘤の経過を悪化させます。

静脈瘤のさまざまな段階で禁忌となるもの

病気の各段階には独自の禁忌があります。静脈学者は専門家の助言を無視しないことを勧めます。それ以外の場合は、手術をはるかに速く行う必要があります。

静脈瘤の制限は次のとおりです。

  1. 絶対。特定の種類の治療を断固として禁止し、ホルモン剤を服用し、静脈瘤の影響を受ける領域に機械的作用を及ぼす。
  2. 相対。病気の病期と性質に基づく制限。

重症の静脈瘤(ステージ4および5の進行)では禁忌の数が増加し、患者により厳しい要件が課されます。推奨事項に従うことが不可欠です。そうしないと、回復により多くの時間が費やされます。

静脈瘤の初期段階での禁忌

静脈瘤に対する禁止行為
  • 静脈瘤の禁止されていないスポーツは、ウォーキング、水泳、サイクリング、ゴルフです。
  • フィットネス、運動器具、ダンス、軽いジョギングの相対測定値。
  • ジャンプ、しばらく走る、激しいスクワット、ウェイトを持ち上げる、ステップは、静脈瘤では完全に制限されます。
  • カーディオに使用できるのは、ローイングマシンまたはリカンベントバイクのみです。
  • スポーツと進行性静脈瘤は互換性がありません。
  • 過度の強度負荷および静的な運動は許可されていません。
  • 横たわったり座ったりする運動は許可されています。
  • 静脈が負傷した場合は、負傷した場所にアイスパックを塗り、医師の診察を受けてください。
  • リンパ液の流出が悪化した場合、理学療法のエクササイズしか行えません。
  • 運動療法を行う場合、圧迫靴下を着用する必要があります。
  • 浮腫やかゆみを伴う、静脈瘤を伴うスポーツはすべて完全に停止する必要があります。そうでなければ、病気はより速く進行します。
  • 手足の感度が低下した場合、身体活動は禁忌です。血液循環の回復を目的とした軽い体操のみが許可されています。
  • しびれの場合は、軽いマッサージとコントラストシャワーが許可されます。

スポーツダンス、エアロビクス、長距離ランニングなど、痛みを伴う2度の静脈瘤には禁忌です。病気のグレード3では、ストレッチ、ジョギング、ウォーキング、ヨガ、スイミングの複合体のみが許可されます。ウエイトを持ち上げることなくジムを訪れることができます。血圧を上げる薬、血管を狭める薬、血液の粘度を上げる錠剤は禁止されています。

進行性静脈瘤

スポーツと進行性静脈瘤は互換性がありません。この期間中、過度の強度負荷と静的な運動は許容できません。横になるか座っている間に行われる運動だけが許可されます。

破裂静脈

破裂静脈は、専門家の注意を必要とする深刻な問題です。この場合、静脈瘤による身体活動は受け入れられません。静脈の損傷部分にアイスパックを適用し、医師の診察を受けてください。

かゆみと腫れ

リンパ液の流出が悪化した場合、理学療法のエクササイズに従事できるのは、圧縮靴下の使用が義務付けられている場合のみです。浮腫やかゆみを伴う静脈瘤を伴う他のスポーツは禁忌です。そうでなければ、病気はより速く進行します。

脚のしびれ

手足の感度が失われた場合、身体活動は禁止されています。循環プロセスの回復を目的とした軽い体操のみが許可されています。軽いマッサージとコントラストシャワーが役に立ちます。

脚の痛み

グレード2の静脈瘤と組み合わせた痛みは、スポーツダンス、エアロビクス、長距離ランニングを禁止します。彼らはストレッチ、ジョギング、ウォーキング、ヨガ、または水泳で置き換えることができます。ジムで運動するときは、ウェイトリフティングを伴う運動を除外する必要があります。

いくつかの薬

血圧を上げる薬を服用しないでください。血管収縮薬や血液の粘性を刺激する錠剤を服用することはできません。

静脈瘤を伴う身体活動

静脈瘤を伴う身体活動

静脈瘤のあるスポーツに参加することは可能であり、必要でさえあります。しかし、身体活動は慎重に扱われるべきです。

ヨガは、下肢静脈瘤に最も適したスポーツの1つです

ヨガ

静脈瘤に最も適したヨガ。静脈瘤を修復することで、病気の進行を防ぎ、損傷を完全に取り除くことができます。穏やかなタイプの身体活動は、血液循環を改善し、緊張を和らげ、血管の弾性を高めます。

静脈瘤の初期段階ではヨガが不可欠です。クラスは受け入れられず、血栓症、心臓病、静脈瘤のステージ4および5の傾向があります。

フィットネス

静脈瘤とフィットネスに役立ちます。トレーナーの監督下で演習を行うことをお勧めします。適切に行われた運動は病気の進行を止め、静脈瘤を永久に治すのに役立ちます。

損傷した静脈構造をサポートするには、脚の緊張を効果的に緩和する圧迫靴下を着用することをお勧めします。フィットネスクラスは、下肢からの体液の流出を目的としています。授業中は、健康状態を常に監視する必要があります。

実行中

ジョギングは、静脈科医または外科医に相談した後にのみ、合併症のない疾患に役立ちます。キャビアの筋肉の活発な収縮活動により、下肢の深部静脈系における血液の動きが改善されます。病理学的変化を受けた表在血管から負荷が取り除かれ、静脈不全の進行を遅らせるのに役立ちます。

慢性血栓症の徴候を伴う下肢の急性血栓性静脈炎後および静脈血栓症後1年間は、走るのを控える価値があります。運動の絶対禁忌は、下肢の激しい浮腫と激しい痛みです。この場合の振動は、既存の血栓の剥離や静脈内の炎症を引き起こす可能性があります。

重量挙げ

バーベルの持ち上げと静脈瘤は互換性のない概念です。静脈瘤を伴う重量挙げは断固として禁忌です。患者が持ち上げることができるのは4 kgまでなので、筋力トレーニングは中止する必要があります。

バーベルを持ち上げると、静脈に過度の張力がかかります。静脈の病状により、これは状況を悪化させ、病気の進行を引き起こします。

ステップエアロビクス

ステップエアロビクスは過度の身体活動を必要とし、これは静脈瘤には受け入れられません。このスポーツは、筋肉の緊張を維持し、効果的に余分な体重を燃焼させるので、予防策として不可欠です。

衝撃荷重は静脈壁に外傷を引き起こすため危険です。血栓の剥離のリスクがあり、体内に不可逆的なプロセスを発達させます。

縄跳び

縄跳びトレーニングは、正しく行われていれば許可されます。静脈瘤を伴う身体活動は投与する必要があります。定期的な運動は体重を減らすのに役立ちます。静脈瘤のスポーツは、すべてのグループの筋肉を鍛え、血液が血管をより簡単に循環できるようにします。これにより、脚のむくみやむくみが大幅に軽減されます。

血管血栓症を伴う重度の静脈瘤の段階では、縄跳びは固く禁じられています。絶対禁忌は心血管系の問題です。

静脈瘤に禁止されている食品

静脈瘤のすべてのタイプについて、禁止されている製品を拒否することをお勧めします。食事療法は病気を取り除くのに役立ちませんが、静脈構造の病理学的変化の進行を防ぎます。

静脈瘤の場合、次の食品は摂取しないでください:

  • 揚げ物。体内の悪玉コレステロールの蓄積を引き起こし、下肢の腫れを引き起こします。足が痛くなり始め、血液循環障害を背景に静脈が大きくなります。
  • 甘い。速い炭水化物は体重の増加を引き起こし、心臓血管系の状態に悪影響を及ぼす。砂糖は血管外液の貯蔵と脂肪の沈着を促進します。
  • 太字。コレステロールで体を満たし、血液を厚くします。これは、変形した弱い静脈を介して心臓に移動することがより困難になり、静脈瘤の経過を悪化させます。
  • 小麦粉。ベーカリー製品の消費を制限することをお勧めします。そうしないと、脚の血管がストレスを受け、静脈瘤の経過が悪化します。
  • アルコール飲料。アルコールは血流に良い影響を与えるという一般的な考えに反して、静脈病変には受け入れられません。エチルアルコールは、短期の血管拡張を促進しますが、長期のけいれんに置き換えられます。細い静脈が損傷して出血します。
  • 塩辛い食べ物。塩は体液を保持し、浮腫を形成します。血管床への負荷が増加し、疾患の進行につながります。
  • 辛い食べ物。過度に摂取すると、静脈の状態に悪影響を及ぼし、下肢の腫れを引き起こします。
  • チコリ。無害なコーヒーの代用品は、血液を薄くし、すでに薄くなっている血管拡張を促進します。内出血を発症するリスクは大幅に増加します。
  • セロリ。静脈病変の場合、有用な食用植物の使用は推奨されません。チコリと同様の効果があります。
  • コーヒー。腸のぜん動を減らし、血液を厚くします。静脈瘤では、1日あたりのコーヒーの量を1カップに減らす必要があります。
  • 調味料。塩、フレーバーエンハンサーを多く含むホットスパイスと調味料を食事から除外する必要があります。
  • ソーダ。レモネードには栄養素が不足しています。過剰な二酸化炭素は静脈に損傷を与えます。

静脈瘤では、大量のコレステロールを含む食品(ソーセージ、半製品、缶詰食品、ハードチーズ、臓物)をダイエットに含めることは禁止されています。そのような食物は心臓と血管に悪影響を及ぼします。

静脈瘤と一緒に食べるのに推奨されるもの

静脈瘤の医療栄養の助けを借りて、薬物療法の効果を高めることが可能です。すべての種類の病気で、食事は同じです。適切な食品は、血管壁を強化し、血液の粘度を下げ、腫れを和らげ、肥満と戦い、腸機能を回復させます。

静脈瘤の場合、食事に次の食品を含めると便利です:

  • ナッツ。ビタミンEが含まれています。トコフェロールは、細胞膜を損傷から保護する強力な抗酸化物質です。
  • フルーツ。アスコルビン酸を多く含んでいます。ビタミンCは静脈壁を強化し、血液の粘度を下げ、抗炎症効果があります。
  • 赤身の肉と魚。血管の損傷を防ぐために亜鉛とオメガ3脂肪酸が含まれています。彼らは体からコレステロールを取り除き、血液粘度を正常化します。
  • シリアル。毛細血管の弾性を改善するバイオフラボノイドと、血管壁を強化するシリコンが含まれています。
  • 鶏の卵。1日あたりの卵黄は1つまでです。彼は造血の過程に参加し、血液粘度を正常化します。
  • ナチュラルティーとジュース。抗酸化物質とビタミンが含まれています。これは炭酸飲料の素晴らしい代替品です。

ヒルドセラピーの禁忌

静脈瘤に対するヒルドセラピー

ヒルの治癒効果は、回虫の唾液に含まれる特殊な物質である静脈瘤のある患者の体内にヒルジンが導入されることによるものです。ヒルジンは、血液を薄くして凝固を防ぐ抗凝固剤です。リーチ唾液は、凝固に関与する酵素であるトロンビンを効果的に抑制します。刺されている間にヒルが注射する追加の成分は、むくみを効果的に緩和します。

ヒルドセラピーが定期的に行われる場合、小さな血栓の溶解と腫れた静脈の正常化が認められます。医師はこの治療法を単独で使用することをお勧めしません。望ましい結果を達成するには、薬物と健康的なライフスタイルを組み合わせた統合的なアプローチが必要です。

次の場合、Hirudotherapyは禁忌です:

  • クライマックス。閉経中、ヒルは有害な場合があります。この手順は、血液凝固率が正常な女性にのみ許可されています。hirudotherapyの前に、適切なテストに合格することをお勧めします。
  • 妊娠。出産の期間中、女性の体は鉄の摂取量を増やす必要があります。ヒルドセラピーでは、その量が減少し、それが病理の発症につながる可能性があります。
  • 鉄欠乏性貧血。少量の血液でも、患者の状態を悪化させる可能性があります。
  • 低血圧。低血圧自体が故障の原因です。ヒルドセラピーでは、無気力と無関心が増加します。
  • 血液凝固の問題。ヒルは直接造血の過程に影響を与えるため、この場合、多剤療法は禁忌です。
  • 腫瘍学。「増幅現象」を回避するために、ヒルを癌性腫瘍の上にのみ配置することは禁止されています。他の場合では、ヒルドセラピーは禁忌ではありません。
  • 重要な日。月経中の追加の失血は、静脈瘤により患者の状態を悪化させる可能性があるため、お勧めできません。

役立つヒント

  1. 静脈瘤のあるスポーツに参加することは、横になるか座っていることをお勧めします。
  2. トレーニングを終えたら、足を上にしてしばらく横になる必要があります。
  3. 静脈瘤の場合の身体活動は、血液循環を回復させ、血管の伸展を除外する圧迫靴下を使用した場合にのみ許可されます。
  4. 運動中は、脱水を防ぐために十分な水分を摂取する必要があります。
  5. ダイエットの助けを借りて、体重を正常化して、静脈への余分なポンドの過剰な圧力を軽減する必要があります。
  6. 食事の基本には、野菜、果物、穀物を含める必要があります。
  7. 静脈瘤のある禁止製品は完全に廃棄する必要があります。
  8. 生理学的に完全な食事は長期間処方され、全身状態の改善または悪化に応じて調整できます。

結論

静脈瘤により、患者のライフスタイルは変化します。定期的に瀉血専門医を監視し、定期的に薬物療法を行う必要があります。重要な点は、すべてのジャンクフードを断定的に除外して、食事を常に管理することです。静脈瘤に禁止されている食品は、薬物治療の有効性を低下させます。

静脈瘤を伴うスポーツは、疾患の進行の初期段階でのみ許可されます。病気の経過が複雑な場合は、過度の運動を断念する必要があります。矯正体操、ヨガ、フィットネスのみ許可されています。

すべての禁忌の遵守により、患者の50%のみで改善を達成できます。残りの患者は手術に送られます。静脈瘤は、深刻な合併症の発生を回避するための抜本的な対策を講じるよりも、予防する方が簡単です。