下肢の静脈瘤の症状

静脈瘤の症状

静脈瘤は伏在静脈の慢性疾患であり、この結果として、血管内の血液の停滞、それらの腫れ、およびその他の結果として生じる逆静脈弁の機能不全があります。

静脈瘤は、男性の小さな骨盤、食道、胃の静脈、睾丸(精索静脈瘤)の静脈に発生しますが、多くの場合、脚に大きなストレスがかかるため、脚に影響を与えます。

重力にかかわらず、下肢の静脈を通る血液の動きは下から上に発生します。その逆流-逆流-静脈弁によって妨げられています。弁機能不全の結果として、血液が血管に蓄積し、壁を圧迫して血管を伸ばします。

また、このプロセスを背景に、炎症現象が発生します。これには、静脈瘤の症状が伴います:

  1. 足の血管の特徴的なしなやかで節のある肥厚。
  2. 特に激しい運動による激しい痛みと灼熱感。
  3. 急速な疲労、脚の重さ。
  4. 下肢の静脈の濃い青、赤みがかった色。写真ではっきりと見ることができます。
  5. 足首と下肢の領域にある茶色の光沢のある色素沈着。
  6. 定期的なけいれん。
  7. 潰瘍。

どの病気も初期段階でよりよく治療されるため、静脈瘤がどのように始まるかを知ることが重要です。

病気の最初の段階の症状は、昇順で並べられています。

  1. 夕方の脚の腫れ。
  2. ふくらはぎに長時間座ったり立ったりした後、ふくらみや重さの感覚があり、休息や歩行の後に消えます。
  3. 子牛の夜のけいれん、片足または両足の熱い感覚。
  4. 下腿の裏側の、膝下の暗い伏在静脈の外観とクモ状静脈の外観。

ほとんどの場合、30〜40年後に静脈瘤が見られますが、小学生にも発生します。さまざまな情報源によると、男性の10分の1、女性の3分の1が苦しんでいます。

病気が発症する理由

  1. 遺伝性素因:弁の欠陥、それらの欠如。
  2. 静脈圧の上昇:
    • 脚に重い負荷がかかり、ウェイトを持ち上げる(たとえば、プロスポーツをする)。
    • 立ち仕事または長時間の静的立ち姿勢。
    • 太りすぎ;
    • 妊娠、ホルモン障害。
    • 加齢に伴う変化。
    • 座りがちなライフスタイル(座りがちな仕事など)。

心臓の収縮だけでなく、脚の筋肉の収縮も静脈を通る血液の動きに寄与するため、後者の要素は重要な役割を果たします。

対策を講じないと、静脈瘤が湿疹、血栓性静脈炎、栄養性潰瘍(長期の非治癒性創傷)または静脈瘤破裂によって複雑になります。

脚の静脈瘤を治療するには?

下肢の静脈瘤の治療方法

視覚的な健康診断に加えて、静脈瘤を特定して評価できます:

  • レオバソグラフィー;
  • 下肢の超音波;
  • 静脈造影。

静脈瘤の治療方法は、静脈病専門医が病期、患者の年齢、健康状態の特徴に基づいて決定します。概して、選択は保存的治療と外科的治療のどちらかです。

急性症状が見られない場合、患者は、静脈瘤の薬物治療、食事による栄養補給、運動、弾性包帯の使用、および脚の静脈を圧迫する特殊なニットウェアを使用します。治療と特定の薬は医師によって処方されます。

多くの場合、初期段階で抗凝固軟膏が処方されます。錠剤の中で、植物性薬が通常使用されます-瀉血薬。

患者は、空気圧マッサージなど、血流を改善する理学療法を受けることができます。ヒルセラピーは、静脈瘤の治療に効果的であると考えられています。ヒルを吸って、血液を吸い、血液を希釈する酵素を分泌するからです。

すべての保守的な伝統的な救済策は、静脈の緊張を維持し、患者の状態を改善することを目的としていますが、静脈瘤は治癒しません。外科手術の助けを借りて、影響を受けた表在血管と、もしあれば、それらを圧迫する腫瘍を取り除くことが可能です。しかし、このような問題を解決する根本的な方法は複雑で多くの回復期間があります。

今日、最も進歩的な方法は次のとおりです:

  1. レーザーで静脈を燃やします。
  2. 硬化療法(特殊な医療用フォームを使用して、影響を受けた静脈を血流から遮断する)。

この疾患は妊娠中に発生することが多いため、特に不満がある場合は、妊婦が定期的に瀉血専門医を受診することが重要です。

静脈瘤の静脈治療と民間療法

別の治療法を利用して、脚の静脈の状態を改善し、静脈瘤の症状を緩和することもできます。これにはさまざまな手段があります。

馬栗は、静脈瘤に最適な治療法です。50gの花に0. 5を注ぐ。l。アルコールまたはウォッカ。2週間注入するために去り、次に大さじ1杯を1日3回、食事の前に濾して飲んでください。喉を焦がさないようにするには、チンキ剤を水で飲みます。1週間後、14日間休憩して別のコースを受講します。

影響を受けた静脈にウッドリスの葉を適用し、ゴボウ、キャベツ、オオバコの折れた葉を上に適用できます。これらの湿布剤を1日4回30分間塗布します。すべて。コースは2週間の休憩で数週間です。

乾燥したホップコーンにコップ1杯の熱湯を15分間注ぎます。あなたは30分で完全に輸液を取る必要があります。食べる前など、結果が得られるまで続けます。同じ治療法を足を癒すために使用することができ、それを湿布として使用します。

イラクサによる長期治療と同じくらいです。沸騰したお湯で醸造し、少し主張した後、4分の1杯のグラスを1日3回飲みます。

夜に静脈瘤があり、自宅で、殻で砕いた天然油とニンニクから湿布を作ります。

静脈瘤を鎮静することは容易ではありません。民間療法による治療には、野菜、果物、特にベリーを優先して動物性脂肪を制限する必要がある食事療法を追加する必要があります(血栓性静脈炎にも同じ食事療法が示されています)。

静脈瘤の予防と運動

脚の静脈瘤の運動

この病気にかかりやすい場合は、以下のガイドラインに従うことで進行を遅らせることができます:

  1. 1か所に長時間立ったり座ったりしないでください。体を動かしたり、ウォームアップしたり、体の位置を頻繁に変えたりしてください。
  2. 特に朝は、熱いお風呂に入らないでください。最後の冷たい水に浸した温かいシャワーに交換することをお勧めします。
  3. 快適なフラットまたはローヒールの靴を履きます。
  4. 運動するときは、足に包帯を巻いたり、医療用ジャージを着用したりできますが、これは医師に相談した後でのみ行えます。
  5. 喫煙をやめると、血管の状態が悪化します。

静脈瘤の主な予防策は、適度な身体活動です:水泳、ウォーキング、サイクリング、運動。足の静脈を良好な状態に保つのに役立つウォームアップ運動を覚えておくことをお勧めします。

  1. 腰に手を添えてまっすぐ立ち、つま先でゆっくりと立ち上がり、足で自分を20回下げてから、同じことを繰り返します。かかとを合わせ、つま先を反対方向に向けます。あと-靴下の上を歩きます。
  2. 足で立って、息を吸いながら腕を伸ばし、息を吐きながら開始位置に戻ります。数回繰り返してから、同じようにして、片方の脚で、もう一方の脚で、呼気に対してツバメのポーズを実行します。
  3. 仰向けになって、膝で曲げた脚を椅子に置き、交互に足を曲げて伸ばします。
  4. 「自転車」運動を行う-静脈瘤に驚くほど効果的です。
  5. 足を上げ、「白樺」の中に立ち、丁寧にハサミを作ります。
  6. 仰向けになって、息を止めずに交互に足を胸に引き寄せます。
  7. 横になり、下肢を曲げ、上肢を20度前方に上向きに振り、次に上肢を持ち、下肢を持ち上げます。反対側でも同じようにします。