下肢体操における静脈瘤の治療

静脈瘤の治療のための体操

脚の静脈瘤を体操で治療することは、医師が処方する薬物療法の優れた追加要素になります。

ただし、体操を定期的に行う必要があります。そうしないと、期待した結果が得られません。

矯正体操の用途は何ですか

矯正体操の用途は何ですか?特別な運動は、下肢の静脈瘤に典型的な多くの問題を解決します。これ:

  • リンパおよび静脈流出の改善;
  • 身体活動と持久力の増加;
  • 静脈緊張の増加;
  • 末梢静脈の血液供給の改善。

自分に負荷をかけず、体操競技場の毎日のパフォーマンスを無視すると、血管の炎症部分に静脈血のさらに大きな停滞を引き起こす可能性があります。これと並行して、局所的な圧力も増加し、それは病理を悪化させるだけです。

これにより、病理学的症状が増加します:

  • むくみは足首と足だけでなく、下肢全体にも発生します。
  • 足の一般的な痛みを伴う感覚が強くなります。

毎日のクラスは、このような病気の発症を防ぎ、服用した薬の治療効果を高めるのに役立ちます。

下肢の静脈瘤の場合の身体活動

下肢の静脈瘤はほとんどの場合、動きの少ない人に発生します。誰にとっても最も簡単でアクセスしやすい運動は、普通のウォーキングです。診断された病理のある人は、毎日短い散歩でも、道を進むべきです。

2番目に便利で簡単な運動は、サイクリングまたは水泳と呼ばれます。

静脈瘤を伴う身体活動

さらに、医師は下肢の静脈瘤の問題を解決することを目的とした専門の体操競技場を開発しました。

瀉血専門医は、朝と夕方に抗静脈瘤体操競技場を実施することをお勧めします。しかし、自分に過度のストレスを与えて、自分を疲弊させても、それだけの価値はありません。あなたはあなたの準備のレベルを考慮に入れなければならず、許容される基準を超えてはなりません。5分間のエクササイズをして、緊張した筋肉を休めるだけで十分です。

静脈瘤防止運動には、他にもいくつかの便利なガイドラインがあります。

  • 仕事が体の固定位置に関連している人は、毎時間5分間の体操を行うことをお勧めします。
  • 姿勢を監視し、椅子に座っているときに足を組まないようにする必要があります。
  • 日中は、医療施設からいくつかのエクササイズを行う必要があります。

脚の静脈瘤を診断する場合、次のことはできません:

  • 下肢に負荷をかけます。
  • 脚に大きな負荷がかかるスポーツに専門的に従事する。
  • ウェイトをさらに持ち上げます。

静脈瘤では、軽い負荷は許容され、過剰な負荷は伴いません。

静脈瘤の主な複合体

上記の複合体のエクササイズは普遍的であり、腕または脚の静脈瘤、および低骨盤領域の静脈の診断に適しています。

  1. 背中の床に横になり、片方の足を胸に引き寄せます。次に上体を持ち上げて、数秒間ロックします。次に、開始位置に戻り、もう一方の脚で動きを繰り返します。
  2. 床に横になり、曲がった脚を床の上に持ち上げます。それらをまっすぐにし、2〜3秒間保持します。その後、もう一度足を曲げます。
  3. 背中の床に横になり、足を上げます。足を内側と外側に回転させます。つま先を曲げたり曲げたりすることもできます。
  4. 静脈瘤の練習
  5. 私たちはどんな椅子にも座っています。かかとを床に置いて、靴下を持って分けます。この動きは約20回繰り返されなければなりません。
  6. 私たちは床に横たわり、体に沿って腕を伸ばします。次に、できるだけ高く足を上げ始めます。最大の高さで、手足を数秒間保持してから床に降ろす必要があります。10回繰り返します。
  7. 演習 "Swallow"。それは20回繰り返されなければなりません。
  8. まっすぐ立ち、つま先からかかとに転がり始めます。体重を再配分してください。約20回繰り返す必要があります。
  9. 膝を高く上げたまま約15分間歩く必要があります。

下肢の静脈瘤の練習

体操による脚の静脈瘤の治療は非常に効果的です。特に病理学の開発の初めに。

  1. 平らな面に横になり、足を高い枕の上に置いて、約20度上げる必要があります。そして、そのような位置に静かに横になって静脈からの負荷を解放します。
  2. 床面に横になり、膝を曲げ、足を床に置きます。手のひらを腰にのせます。吸い込むと、上半身が上がり始め、手のひらを腰と脚の表面に沿って滑らせ、膝の高さまで下げます。次にゆっくりと息を吐き、体を床に戻し、元の位置に戻します。
  3. 床面に置く。体に沿った手。足を床より少し上に上げ、小さなパッドを足で締めます。私たちは浅い呼吸をし、同時に腰部の偏向を行います。お尻の表面は床から持ち上げる必要があります。次に、息を吐き、体を元の位置に戻します。
  4. 脚の静脈瘤のための一連のエクササイズ
  5. 私たちは床に横になり、手が体に沿って置かれます。今、あなたはゆっくりと息をして脚を曲げ、胃を引き込む必要があります。次に、同時に胃を膨らませながら吐き出します
  6. 立ち上がります。足を合わせて、腕を体に沿って下げます。深呼吸を開始し、同時につま先を立ち上げます。次に、足を吐き出して元の位置に戻します。つまり、足全体に降ります。

提案された演習を定期的に行うと、静脈うっ血に伴う症状を大幅に軽減できます。さらに、体操による脚の静脈瘤の治療は、病状の進行を一時停止し、病気の負の結果を引き起こすリスクを減らすのに役立ちます。

脚の静脈瘤のための追加のエクササイズセット

朝のコンプレックスの治癒効果を高めるには、日中に追加の運動を行う必要があります。

  1. 足はまっすぐです。ゆっくり上下する必要があります。動きを30回繰り返します
  2. 靴下を分離し、かかとを接続します。上下にも行きます。30回繰り返します。
  3. 靴下を平らにし、かかとを広げます。上下に30回移動します。
  4. つま先を床から持ち上げずに、その場で歩くシミュレーションを行います。
  5. 足を合わせ、腕を体に掛けます。ゆっくりと吸い込むと同時に、肩を後ろに引きます。呼気中は背中をリラックスさせ、頭を胸に向けます。
  6. 床に立って、体に沿って腕。吸い込むときは、つま先で立ち、手を天井まで上げます。出口で腕を下げ、足全体に立ちます。
  7. 臀筋の緊張と弛緩は良い結果をもたらします。

静脈瘤の発症を防ぐための練習

次の演習は、静脈瘤の発生を防ぐのに役立ちます:

  1. 私たちは床に、体に沿って腕を横たえます。脚は椅子の上に置いてください。彼らはまっすぐでなければなりません。足を順番に曲げたり外したりする必要があります。各脚の動きを5回繰り返します。
  2. 私たちは背中の床に横になります。脚をまっすぐに持ち上げ、広げます。足首を右/左に回転させ始めます。7回繰り返す必要があります。
  3. 開始位置は前の演習と同じですが、脚だけが膝で曲げられます。回転は膝関節で行う必要があります。各脚で動きを7回繰り返します。
  4. 「バーチ」の位置に移動します。足を広げて交互に振ります。繰り返し回数は7回です。
  5. つま先で15回ジャンプする必要があります。次に、少し休んでジャンプを繰り返します。

静脈瘤は、非常に頻繁に診断されるかなり不快な病状です。体操による脚の静脈瘤の治療は、病気の症状の軽減に役立ちます。