静脈瘤の症状

脚の静脈瘤の兆候と症状

循環系は、人体の他の器官と同様に、絶え間ないトレーニングと健康的な緊張の維持を必要とします。心臓は体内でポンプの機能を果たしますが、時間の経過とともに、特に静脈装置の音色が低下すると、心臓がその機能を果たすことがますます困難になります。

静脈壁の弱くなった弁が完全に閉じるのをやめ、血液が静脈に停滞し始めます。このため、それらはさらに拡大し、一種の悪循環が発生します。

静脈系の欠陥は通常、人体の下部に見られます。この局在化は重力の影響によって説明されます。血液を「汲み上げる」のが最も難しいのは下肢からです。病気のいくつかのグループがあります:骨盤静脈瘤静脈、脚の静脈瘤静脈および子宮の静脈瘤静脈。

各グループの症状は完全に異なります。下肢の表在静脈と深部静脈の両方に変化が見られます。さらに、表層血管の敗北は初期段階で検出されます。

静脈瘤を示唆する多くの要因があります:脚の症状は腫れ、脚の「重さ」の感覚、膨張、灼熱感です。これらの症状はすべて1つの特性によって統合されているため、これが正確に静脈瘤であることが理解できます。発達の初期段階の症状は、朝に跡形もなく消えます。

静脈瘤の原因

下肢の静脈の変化の主な原因は何ですか?静脈瘤は遺伝性疾患よりも後天性です。各世代が下肢の静脈瘤の症状を持っている家族がありますが。しかし、それでも遺伝的素因についてのコンセンサスはありません。

足に長時間立っていると、静脈瘤のように見えます。

静脈瘤はどのように脚に現れますか

この病気の主なリスク要因は、肥満、仕事の特徴(仕事中に長時間立っていなければならない人によく見られる)、体重を持ち上げる、血管を圧迫するタイトな服を着ることです。

リスクグループに所属している場合は、状態を注意深く監視し、静脈瘤の最初の症状が現れたら、すぐに医師に相談する必要があります。

上記のように、この病気の最初の症状は、脚の夕方の疲労に関連している可能性があります。これは、すべての不快な症状が朝までに消えるために起こります。その人は休息を感じ、心配する理由がありません。

下肢の静脈瘤の症状

この事実が、下肢の静脈瘤の診断を数十年後に行うことができる理由です。症状を初期段階で認識することは非常に困難です。それらを詳しく見てみましょう。

痛み

軽度の不快感から鎮痛剤が必要な状態まで、あらゆる症状が現れる可能性があります。痛みの性質も異なる可能性があります:灼熱感と痛み、引っ張る痛みと夜のけいれん、歩くときの痛み、または血管の全長に沿った痛み。

外傷に関係のない脚の痛みは、それが下肢の静脈瘤の症状ではないかどうか疑問に思うはずです。

静脈瘤の症状の中でも、次の点に注意してください。

  1. 夕方の浮腫の発生。
  2. <zxlixz>「重さ」、足の膨らみ感のある外観。
  3. 下肢の静脈瘤にとって重要なもう1つの症状は、皮膚の変化です。皮膚が乾燥すると、色素沈着スポットが現れ、さらに増加し​​て栄養性潰瘍の発症につながる可能性があります。
  4. 小さな皮下血管のパターンが皮膚に現れます。その発生の理由は同じです-静脈は拡張され、より目に見えます。
  5. 病気の発症の後期段階では、さまざまな形の拡張を伴う脚と足の拡張した静脈を観察することが可能です。これが静脈瘤の主な症状です-治療はすぐに開始する必要があります!

開発の段階

病気の兆候の発現は、段階に分けることができます:

  1. 最初の段階-外観上の欠陥が明らかになります。
  2. 第2段階-足に夕方の不快感があります。
  3. 第3段階-浮腫、色素沈着、足の膨満感が現れます。
  4. 第4段階-栄養性潰瘍が現れます。

主要な兆候を発見したら、すぐに静脈瘤の治療を開始する必要があります。症状が自然に消えることはありません。

病気は自然に治りません。病気が遅れると、血栓静脈炎、血栓症、静脈出血などの深刻な合併症が発生する可能性があります。

考えられる合併症

静脈瘤の可能性のある合併症

血栓症(静脈床の完全な閉塞)と血栓静脈炎(静脈壁の炎症)が突然発生し、(状況の好ましくない組み合わせで)手足の喪失につながる可能性がある最も深刻な状態です。

静脈瘤は血栓症を引き起こす可能性があります。

急性の耐え難い痛みの発生を特徴とし、皮膚の変色(赤みまたは青くなる)が発生し、その表面的な痛みが観察される場合があります。

血餅が破裂する状況では、全身がすでに危険にさらされており、血栓塞栓症(血栓による血管の詰まり)の場合、肺または他の重要な血管が死に至る可能性があります。

病気の治療は医者によって処方されます。下肢または小さな骨盤の静脈瘤の最初の疑いが現れたとき、あなたは間違いなく助けを求めるべきです。

資格のある静脈科医は、薬と伝統的な薬の正しい組み合わせを処方し、ライフスタイルを変えるための基本的な推奨事項も提供します。結局のところ、病気の発症の主な要因は彼です。