脚の静脈瘤の治療法:民俗レシピ、薬局軟膏

今日の静脈瘤の薬は、患者が脚の静脈の喪失によって状態を緩和し、血管の回復を刺激するのに役立ちます。薬局の薬に加えて、伝統的な薬のレシピの使用を含む、病気に対処するための効果的な方法があります。

脚の静脈瘤のための薬のグループ

下肢の影響を受けた血管に影響を与える薬のいくつかのグループがあります。それらのいくつかは腫れを和らげ、他は血管内の血餅の形成を防ぎます。

フレボトニクス

それがどのように見えるか静脈瘤

フレボトニクスには通常、ジオスミン、トロキセルチン、ヘスペリジンが含まれています。これらの成分は同量で含まれている可能性があり、薬には1つの物質と追加の成分しかない場合があります。薬の作用機序は、静脈壁の緊張を高めることを目的としています。

そのため、フレボトニックはベノトニックとも呼ばれます。全身使用のおかげで、血管内の圧力が低下し、壁の弾力性が高まり、静脈の収縮と弛緩のサイクルが正常化され、血管床の患部での血液とリンパ液の流出が改善されます。

これにより、患者の状態を改善し、急性症状を取り除くことができます。製薬業界は、外用のカプセル、錠剤、軟膏、ゲルの形でフレボトニクスを製造しています。

いずれの薬も、事前の検査なしに単独で服用してはなりません。

分解剤

脚の静脈瘤の薬は、必然的に血液を薄くするのに役立つ必要があります。この目的のために、抗血小板剤または抗凝固剤が使用されます。これらの薬には通常、ヘパリン、ジピリダモール、クロピドグレル、少量のトロキセルチン、フラキシパリン、さらにはアセチルサリチル酸が含まれます。

薬の作用原理は、血管床内の血小板の接着の防止に基づいており、血餅の形成、静脈壁への付着を回避します。さらに、そのような薬は血液の粘度を低下させ、血管壁への圧力を低下させます。

分解剤は、錠剤、軟膏、ゲル、経口投与用のカプセルで入手できます。

このような薬は、造血系全体と血管床に影響を与えるため、多くの禁忌があります。自分で服用しないでください。

酸化防止剤

抗酸化作用のある脚の静脈瘤の薬は、患者に頻繁に処方されます。それらは、天然成分、トロキセルチン、塩酸ヘプタミノール、および下肢の静脈の状態にプラスの影響を与える他の物質を含んでいます。

コース方式のおかげで、血管が弾力的になり、壁の修復プロセスが始まり、微小循環が改善されます。これにより、回復を大幅にスピードアップし、病気が進行した段階に移行するのを防ぐことができます。医薬品は、カプセル、ゲル、軟膏の形で購入することも、タブレットの形で購入することもできます。

薬は、静脈だけでなく、患者の体全体にもプラスの効果をもたらします。

デコンジェスタント

脚の腫れを防ぐための製剤には、通常、植物抽出物(馬栗など)、アスコルビン酸、およびその他の物質が含まれています。薬の作用機序は、血管壁の透過性を低下させ、体液の流出を刺激し、静脈外での発汗を防ぐことです。

これにより、静脈瘤のある患者に典型的な下肢の重さを取り除き、血管壁を強化し、全身状態を改善することができます。薬は、ゲル、軟膏またはカプセル、錠剤、顆粒の形で入手できます。

静脈瘤の抗浮腫治療薬は注意して使用する必要があります。治療後の脚の静脈はより強く、より弾力性がありますが、指示に違反すると、心臓からの合併症の可能性が高まります。

複雑な効果のある錠剤

複雑な効果を持つ製剤は、通常、抗炎症、静脈炎、抗浮腫、抗血小板効果を同時に持ちます。これにより、投薬量を減らすことができますが、治療効果は得られます。

このような製品には、ヘパリン、アセチルサリチル酸、トロキセルチン、ジオスミン、植物抽出物、その他の成分が含まれている場合があります。基金の活動メカニズムは、血餅の形成を防ぎ、腫れを減らし、患部の微小循環を刺激することを目的としています。

このような治療法は、短期間に顕著な治療効果を達成できるため、頻繁に処方されます。

静脈瘤の治療のための民間療法

伝統的な薬のレシピは、正しく使用されていれば、初期段階で非常に効果的に静脈瘤を治療することができます。

馬栗

静脈瘤用の馬栗

経口投与にはアルコール注入が使用されます。

簡単に作成できます:

  1. とげのある栗100gを分けます。
  2. 瓶に入れ、500mlのアルコールを加えます。
  3. 21日間放置
  4. フィルター。

着色が終わるまで、製品を1日3回、各20滴ずつ服用します。それは鬱血除去剤と静脈炎効果を持ち、血液循環を改善します。

アップルサイダービネガー

この天然物は、再生、植物性、鬱血除去、抗酸化作用があります。綿の綿棒を毎日純粋な酢で湿らせ、問題のある部分を拭き、こすらないようにする必要があります。就寝前に14日間操作を繰り返します。栄養性潰瘍の存在下では使用しないでください。

プロポリス、蜂が死んだ、蜂蜜

製品の混合物は、抗炎症特性を持ち、腫れを和らげ、血管壁を強化し、血液循環を改善します。

簡単に作成できます:

  1. プロポリス20gを分離し、潜水艦30gと混ぜます。
  2. 得られた混合物を100mlの蜂蜜と混ぜ合わせます。
  3. 滑らかになるまでかき混ぜます。

完成した薬をすねに塗り、セロファンまたはホイルで包み、3時間放置します。1か月間3日に1回操作を繰り返します。

キャベツ

使用する最も簡単な方法は、大きなキャベツの葉を軽く叩き、すねを包み、包帯で固定し、一晩放置することです。10日続けて繰り返します。この方法は、痛み、腫れを和らげ、血管の回復を刺激し、潰瘍の形成を防ぐのに役立ちます。

生姜

ジンジャーティーは、血管の状態を改善し、余分な水分を取り除き、弾力性を高め、血液の停滞を防ぎます。通常のお茶に、すりつぶした根の小片を加えるだけです。このお茶は1日3杯まで飲むことができます。治療期間-14日以内。

カリナ

ビバナムベリー入りのお茶はビタミンCの供給源であり、血管壁を強化し、鬱血除去、抗凝集特性を持ち、全身状態を改善します。毎日、2杯のお茶を飲む必要があります。これに1tspのマッシュベリーが追加されます。コース期間は3週間です。

レモン

viburnumと同様に、レモンには栄養素が含まれています。湿布は、血液循環を刺激し、血液を薄くし、腫れを取り除き、血管壁を回復させるのに役立ちます。先に切ったレモンをすねに塗り、包帯で固定して1時間放置する必要があります。就寝前に10日間続けて繰り返します。

オニオンジュースの湿布は、再生、鬱血除去、抗炎症特性を持ち、静脈の回復を刺激し、微小循環を改善します。いくつかの球根のジュースを絞り出し、ガーゼを湿らせ、すねに塗布し、ホイルで包み、2時間放置する必要があります。10日間毎日繰り返します。

バディアガ

Badagiパウダーは腫れや炎症を和らげ、血管の再生を改善します。20gの製品を20mlの水で希釈し、得られた塊を脚に分散させ、セロファンで包む必要があります。1時間そのままにしておきます。コース期間-1週間、毎日操作を繰り返します。

静脈瘤からのヨウ素

ヨウ素

ヨウ素ネットは、静脈瘤と戦うための最も一般的な方法です。2週間毎日就寝する前に描く必要があります。このツールは、腫れや炎症を和らげ、微小循環を刺激し、血餅の形成を防ぎます。

いずれの手段も、専門家による検査と許可を得た後にのみ使用されます。静脈瘤の治療法は、脚の静脈の血栓性静脈炎を発症する可能性を減らし、血管の状態を改善し、合併症を防ぐことができます。