脚の静脈瘤を取り除くための最も効果的な手術は何ですか?

静脈瘤を除去するための手術の種類

下肢の静脈の除去は、根治的治療法と呼ばれます。保守的かつ代替的な治療法の使用が適切な治療効果を持たず、疾患が進行し続ける場合、脚の静脈瘤を除去する手術を患者に処方することができます。

高度な形態の静脈瘤静脈を使用すると、手術で次のタスクを解決できます。

  • 血液の病的な逆流(逆流)を排除します。
  • 病気の影響を受けていない伏在静脈の健康な領域を保存します。
  • 静脈の患部を取り除きます。

手術の前に、医師は超音波ガイダンスの下で静脈にマーキングを行います。これにより、影響を受けるセグメントの限界を判断できます。影響を受けた血管と静脈のセクションの除去は、小さな切開を通して挿入される狭いプローブを使用して実行されます。患部を切除した後は、再発のリスクは少ないです。

静脈瘤を除去するための手術後、再発の可能性は高くありません。

現代医学では、一度に複数の技術を使用する組み合わせの静脈切除術が優先されます。

複合根治的治療の主な段階は、上部または下部の交差切除、短いストリッピング、穿孔静脈結紮、ミニ静脈切除です。

病気の初期段階では、リストされている手順のいずれかを独立した操作として使用できます。場合によっては、硬化療法またはレーザー閉塞の形での低侵襲治療法が、古典的な複合静脈切除術のいくつかの段階の代替として提供され得る。

操作の種類

静脈瘤に対して静脈切除術はどのように行われますか

影響を受けた静脈を除去する手術の一般名は静脈切除術です。この手順の最新のタイプ:

  • ストリッピング(長いまたは短い)は最も穏やかな手法であり、その間、医師は影響を受けた静脈の特定の部分のみを取り除くことができます。手順は、静脈に沿った小さな切開を通して実行されます。
  • レーザー静脈切除術は、レーザーの使用を伴う最新の治療法です。この機器のおかげで、レーザー凝固のプロセスは影響を受けた血管内で行われます。手順は局所麻酔下で行われ、特別な外科用器具の使用を必要としません。レーザーは小径のカテーテルと一緒に静脈に挿入され、パルスの影響下で蒸気の小さな気泡が形成され、血管の壁に影響を与えます。その結果、影響を受けた静脈は組織の一部になり、もはや患者を悩ませることはありません。
  • 影響を受けた静脈の内視鏡的切除。この場合、内視鏡が静脈領域に挿入され、医師はその状態と損傷の程度を個人的に分析することができます。将来的には、外科医は患部を切断することができます。

いわゆるシームレス技術は、静脈の患部の切除が小さな穿刺カットによって行われる場合に非常に人気があります。操作後すでに4〜6時間、患者は独立して歩くことができます。栄養障害の発症が観察された場合は、内視鏡装置が使用されます。

ミニフレベクトミー法の利点

静脈瘤のミニフレベクトミー

ミニ静脈切除術は、影響を受けた静脈を外科的に除去する最も痛みのない非外傷性の方法の1つです。手順は、診断、血流障害部位での頭蓋骨による小さな切開、および影響を受けた静脈の摘出の3つの段階で実行されます。

手術は局所麻酔下で行われ、リハビリ期間は患者の時間の多くを要しません。穿刺部位に傷、打撲傷は形成されず、孤立した症例では痛みを伴う感覚が妨げられます。

Miniflebectomyは、静脈瘤を取り除くためのほとんど痛みのない方法であり、手術後の回復期間は最小限です。

あざやあざのリスクを最小限に抑えるために、麻酔薬に加えて血管収縮作用のある物質を含む腫脹性麻酔を使用して手術を行うことができます。処置後、患者は数時間後に退院しますが、全身麻酔に特徴的な中毒や痛みはありません。

交差切除

交差切除術とは、結紮とそれに続く伏在または軽度の伏在静脈の切断を指します。独立した手術として、このような手順は、急性型の血栓症を広めるリスクがある緊急の場合にのみ実行できます。

今日、より良性の代替交差切除術があります-血管内レーザー閉塞と高周波アブレーション。

テクニックの利点は次のとおりです:一般的な麻酔を拒否する能力、外来治療、切開からの傷や傷の形で美容上の欠陥がないこと。

不利な点は、病気の再発の可能性が高く、これらの手順のコストがかなり高いことです。

準備

下肢の静脈瘤の手術は、患者の予備検査と内部検査の実施後に行われます。

次の試験タイプを割り当てることができます:

  • 脚の静脈の超音波を実行します。
  • 完全な血液カウント。

将来、医師は、手術に対する禁忌の可能性を特定するために、口頭調査を実施する予定です。予備検査では、最適なタイプの外科的処置を選択するか、必要に応じて、いくつかの既知の技術を一度に組み合わせることができます。

手順の前後に患者が適切に行動する方法を理解することは非常に重要です。出血の危険性があるため、手術前にアスピリンを含む薬の服用を控えることをお勧めします。手術当日、手順の準備を慎重に行う必要はありません-手術された手足の領域の髪を取り除く必要があります。

必要な操作はいつですか

静脈瘤の手術の適応

下肢の静脈瘤に手術が必要かどうか疑問に思っている患者は、次の場合にそのような根本的な治療法が必要であることを理解する必要があります。

  • 激しい痛み症候群を伴う病気の急速な進行。
  • グレード1〜4の静脈瘤血栓性静脈炎の発症。
  • 激しい熱と静脈の灼熱感。
  • 膝蓋骨の上の静脈瘤の広がり。
  • 腫れ、審美的に魅力のない静脈の目に見える塊。

この手術は、保存療法では適切な治療効果が得られない、長期間治癒しない栄養障害(潰瘍)の形成にも適応されます。

制約と考えられる結果

起こりうる禁忌と手術の結果を考慮することが不可欠です。

患者が高血圧、異常な心臓リズム、冠状動脈性心臓病、急性期の感染症の存在、脚の皮膚炎症性疾患などの疾患の病歴がある場合、外科的介入は実行できません。

手術は、妊娠後期や免疫力が低下した高齢患者には行わないでください。

静脈瘤の手術の予防に対する禁忌

患者は、手術の起こりうる合併症と結果を考慮に入れる必要があります:

  • 神経終末の損傷の結果としての手術された肢の感覚障害。
  • 足首部分の周期的または持続的なしびれ。
  • 化膿の形成。
  • さまざまな強度の出血の発生。
  • 術後瘢痕の上または下の膨らんだ静脈の再形成。
  • 痛み症候群はすべての患者を悩ますわけではなく、神経終末が影響を受けた場合に発生します。ほとんどの場合、感度の正常化は、薬物を使用せずに独立して行われます。
  • 手術部位の血腫と打撲傷は厄介かもしれません。この場合、局所使用のための抗凝固剤のグループからの薬物を処方することができる。患者の皮膚が非常に繊細で敏感な場合、傷の痕跡が1〜1. 5か月続くことがあります。
  • 浮腫の発症は、患者が医師の指示に従わず、休息療法に従わず、下肢を含む身体を過度の身体的運動にさらしていることを示している可能性があります。

医師の推奨事項を厳守します。これは、手術の結果がどれだけ早く経過するかによって異なります。

したがって、脚の静脈瘤の手術を受けるかどうかを決定する前に、考えられるすべてのリスク要因を考慮する必要があります。長所と短所を十分に比較検討してください。病気の症状が患者を長期間妨害し、生活の質を著しく損なう場合は、手術を行う必要があります。

また、そのような手術を行う経験豊富で資格のある医師、すなわち静脈科医、血管外科医にのみ相談する必要があります。

リハビリ期間

静脈瘤を除去するための手術後のリハビリテーション

手術後、回復期間ができるだけ短くなり、すぐに通常の生活に戻ることができるように、患者は主治医のすべての指示に従うことをお勧めします。最初の48時間は、患者は固く禁じられています:

  • アルコール飲料を飲む。
  • モーター輸送管理。
  • ホットタブでの入浴。
  • 過度の身体活動。

手術後の最初の数日で、足の痛みや体温の上昇を訴えることがあります。この場合、治療の投薬方法が含まれ、理学療法が処方されます。患者は常に水平姿勢である必要はありません。血流を回復するために、毎日少し歩く必要があります。

将来的には、以下の推奨事項を実装することで、記載されている術後合併症を発症するリスクを最小限に抑えることができます。

  1. 主治医が処方するハイドロセラピー、マッサージ、矯正体操、その他の理学療法の方法。このような手順は、血餅の形成を防ぎ、血液の流出を正常化します。
  2. 最初の数か月は、両方の手足を特別な伸縮性の下着または圧縮靴を着用して巻き戻す必要があります。
  3. phlebotonics、血管保護剤のグループからの薬を使用してください。炎症過程の発達に伴い、抗菌薬が処方される可能性があります。鎮痛剤は痛みを和らげるために使用されます。
  4. 静脈瘤を除去するための手術後の圧迫下着
  5. ステッチが配置されている場合は、手順の7日後に削除できます。
  6. 患者が太りすぎている場合は、静脈への負荷を軽減するために正常に戻す必要があります。
  7. 天然素材で作られたルーズな服と快適な靴を優先することをお勧めします。ハイヒールの着用は禁じられています。
  8. 自宅では、ボルスターや枕を使って足を上げたままにしてください。

リハビリ期間は最大数週間かかる場合があり、その間、患者には特別な病気の休暇が発行されます。

静脈瘤を除去する最新の方法は、わずか数日のリハビリ期間を伴いますが、通常よりも費用がかかります。

将来、医師が治療の有効性を評価できるように、患者は2回目の検査に出頭し、追加の検査を受ける必要があります。

運用コスト

静脈切除術は、州の診療所とプラスチック手術センターの両方で行われ、その目的は美的欠陥を取り除くことです。

患者は、静脈瘤の手術にいくらかかるのか疑問に思っています。

それはすべて、クリニックと手順を実行する医師の資格、および病気の発症の程度と提案された手術の複雑さに依存します。

専門家からの予測

静脈瘤の除去後の専門家の予後

組み合わせた静脈切除術は、病気の再発の可能性を排除するものではありません。根本的な治療法を使用した後、身体の生理学的特性(血管と静脈の構造)、または手順を実行する技術の違反(医師が影響を受けた静脈の開存性を正常化できなかった場合)により、静脈瘤の再発が起こる可能性があります。病気の二度目の悪化のリスクは、症例の約15-20%で観察されます。患者が病気の繰り返しの再発の兆候に気付いた場合は、できるだけ早く医師に相談する必要があります。

経験豊富な専門家だけが、選択する静脈瘤を除去するための操作を正しく提案するのに役立ち、回復期間中に従う必要がある有用な推奨事項も提供します。タイムリーに医師に相談しないと、結果は最も悲惨で不可逆的なものになる可能性があります。