手術なしで静脈瘤を治療することは可能ですか?

静脈瘤のない女性の脚

統計によると、4人に1人の女性と7人に1人の男性が静脈瘤に運命づけられているため、足に青い静脈の蛇がない大人は幸運と呼ぶことができます。さらに、醜い静脈は18〜20年後に皮下に現れ、どんなに頑張っても消えることはありません。多くの場合、美容上の欠陥に加えて、静脈瘤は深刻な健康上の問題を引き起こします:脚の痛みと重さ、腫れ、皮膚のかゆみ、脚の非治癒性潰瘍の出現まで。生命を脅かす可能性のある血餅のリスクが高いことは言うまでもありません。

静脈瘤を治療する最も明白な方法は手術です。患部の静脈は縛られ、ひものように引き抜かれます。重症の場合、静脈切除術は確かに状態を改善し、症状を軽減し、生活を楽にします。しかし、若い年齢で静脈を取り除くことは疑わしい見通しです。3〜5年以内に再発や浮腫で再び外科医のところに来ないことを誰も保証できません。手術なしで問題の解決策を見つけたいです!

そのような方法を探す前に、静脈瘤を永久に取り除く既知の方法はまだないという考えに同意する必要があります。民間および公務の両方の既存のすべての方法には、純粋に症候性の効果があります。それらは、静脈のさらなる拡張を遅らせ、合併症の可能性を減らし、症状を大幅に軽減し、さらには完全に取り除くことができますが、血管病変の原因を排除することはできません。そして、その理由自体は不明です。私たちは素因を知っているだけです:血管壁の遺伝的に受け継がれた弱さ、ホルモン障害、過剰な体重または重い身体活動、専門家は一日のほとんどを直立姿勢で過ごす必要があるなど。これらの要因の影響はあなたのライフスタイルを変えることによって最小限に抑えることができます。

カウボーイポーズと水処理

静脈瘤のある脚の状態を改善する最初の方法は、静脈への負荷を減らすことです。これを行うには、あらゆる機会に、できれば心臓の高さより上で、足を地面から持ち上げるようにしてください。最高の抗静脈瘤座位は「カウボーイポーズ」です。これは、椅子にもたれかかってテーブルの端に足を置くときです。横になることができる場合は、足の下にローラーを置きます。

理想的な仕事帰りの活動は、水泳または水エアロビクスです。水はマッサージ効果があり、水平位置は静脈弁への圧力を和らげます。誰もが利用できる軽量バージョンの水手順-脚から太ももの真ん中までのシャワーからの対照的な潅水。冷水で仕上げる必要があります。

毒または誤った期待

非外科的治療の2番目の方法は、静脈瘤の薬です。一部の人にとって、ベノトニクスは静脈瘤の奇跡的な治療法であることが判明しましたが、他の人は彼らがお金を無駄にしたと信じています。これらの薬に失望する理由は、誤った期待です。

Phlebotonicsは静脈を隠すことはなく、静脈瘤の症状を和らげるだけで、時には非常にうまくいきます。静脈壁の薬の主な効果は、静脈壁の栄養を強化し、改善することですが、あなたはこれを感じることはありません。ピルの最も強い効果は通常、足の腫れや痛みに苦しむ人々によって経験されます。静脈瘤が美容上の欠陥としてのみ気になる場合は、ピルによる顕著な影響を期待するべきではありません。同時に、長年の研究により、フレボトニクスは静脈瘤の予後を改善し、静脈をより弾力性のあるものにすることが証明されています。軟膏やジェルなどの局所薬は効果が低いと考えられています。

スカートの下だけでなくストッキング

文化的規範によれば、男性用のストッキングはマナーが悪く、静脈学者によると、静脈を静脈瘤にする傾向のある男女の人々にとって必要な衣服です。ストッキング、タイツ、さまざまな色のハイニーハイ-弾力性のあるニットウェアで作られた医療製品の品揃えで、静脈瘤の治療だけでなく予防にもお勧めです。

弾性ニットウェアで作られた製品は、圧縮クラスが異なります。つまり、血液を送り出すための負荷の一部を担って、脚の表在静脈にかかる圧力の力です。クラス「A」は予防のために割り当てられています。このようなジャージは、妊娠中だけでなく、一日中足で過ごす男性と女性にも着用する必要があります。圧縮クラスI、II、III、IVは、すでに医療目的で使用されています。特別な装置なしでそれらを着飾ることは難しいです。

静脈瘤の圧迫靴下は、症状の重症度を軽減し、合併症のリスクを軽減しますが、一定の摩耗でのみ機能します。朝、足をベッドから出す前に、ストッキング、タイツ、ニーハイを着用する必要があります。シュート-睡眠中のみ。

硬化療法-静脈を「満たす」方法

硬化療法は、静脈瘤の非外科的治療法と見なされています。すでにかなりの年齢であり、絶えず改善されています。治療は、血管の閉塞を引き起こすクモ状静脈または拡大した静脈に物質を注入することからなる。静脈は崩壊し、徐々に結合組織に置き換わります。手順の効果は、圧縮包帯を取り除くことができる数日後に顕著になります。「接着剤」として、製剤は液体の形で(小さな血管の場合は)、泡の形で、より大きな伏在静脈の場合に使用されます。静脈瘤のこの治療法は、静脈の直径が3〜5mmを超えない場合に可能です。より大きな船を「泡立てる」ことを試みるとき、しばしば合併症が起こります。

硬化療法後の合併症は非常に危険です。これらは、血流に入る空気、フォームを使用した場合の薬物に対する重度のアレルギー反応、炎症性血管病変、および皮膚の色素沈着過剰の出現の結果です。したがって、この方法を選択するときは、完璧な脚に支払うことができる価格を知っておく必要があります。

静脈瘤のレーザー治療

実際、この治療法は血管外科医の能力によるものですが、穿刺(太い針で血管を穿刺する)を使用して切開せずに行われるため、控えめと見なされます。針の導入と麻酔の後、血管の内腔にレーザーが照射されます。温度上昇により、血管壁が溶着しているように見え、血液循環が停止し、時間の経過とともに静脈が溶解します。同じ操作は、無線周波数範囲の電磁振動を使用して実行されます-血管の無線周波数アブレーション。これらの治療法の欠点は、放射線照射後の血栓症のリスクです。さらに、最も経験豊富な外科医でさえ、血餅形成のリスクを完全に排除することはできません。さらに、静脈瘤のレーザー治療と高周波アブレーションはまだ若い方法であり、それらの長期的な結果は研究されていません。

古き良き理学療法

かつてはすべての人を治療するために普及していた方法ですが、今では当然のことながら忘れられています。下肢の静脈瘤を治療する場合、医師は追加のツールとして理学療法を勧めることがあります。これらは、レーザーおよび磁気療法、UV照射、オゾン療法、NO療法、および泥療法です。理学療法には、合併症や制限がほとんどなく、痛みがなく、快適ですらあります。ただし、それらからの魔法の効果を期待しないでください。信頼できるのは、症状の緩和、予後の改善、足の皮膚の外観です。