取り扱いについて定められたvaricose脈の足

歴史を通じて、人々がvaricose脈の足です。 と考えられている疾病の種類の回収のための当社の直立姿勢いのないその他の哺乳動物ではこのような問題に直面します。 女性になりやすいですが、病気です。 の年齢要因が、医師という最近のvaricose静脈は足が若い-患者は今も生ます。

静脈足の治療varicose脈

何varicose静脈は足

ダ脈のふくらみがむくむ、何を静脈ようなvaricose脈に見えないだろう。 その話をしましょう。る間に病気が起こる内部静脈のです。

Varicose静脈弾力性が減少し、結果として、拡大します。 内の静脈に特有のフラップを制御する血流の中心から下肢ます。 これらの"ゲート"が適切に動作しない問題です。 に失敗した場合の機能が、開発特色 のバルブが閉じ、予防の運動の血液の中心がで停滞する時間ほどの散策路がある。 自然に上昇圧力に押し出血液から深部静脈より厚い薄さの肌はらいます。 システムのこれらの静脈には対応しておりませんの宿泊施設のような量の血液の結果としてその壁には過剰な伸びがますます破壊されました。

このプロセスの結果と見える皮膚のダ脈、自らを構成する深刻な問題です。 の病気が進行し、薄弱脈は急になった特徴的な青色、厚みを出し、それらは根ます。

原因varicose脈

多くの要因が大きく増加の可能性を与えた人からの苦しむvaricose脈:

  • の遺伝子を編集し新遺伝子から親または祖父母がvaricose静脈、その子孫が""ウィーンの特殊な構造が弱い結合組織には、不完全弁など)。 その後、引き続き遵守る予防措置なければならなずれとなって患者の診断"varicose脈の脚"です。
  • ホルモンの変動が最も多いが影響をおよぼすところでは、女性の更年期障害は、生理、妊娠など) しについて明らかに男女別の選択性の病気のほか、リスクのvaricose脈の増加および治療-科学的に証明されることも含まれる女性ホルモンとその代理を大幅に削減する弾性静脈壁ます。
  • 神経疾患、ストレスは、うつ病-全に関する調脈では、弾力性の壁を制御する神経終末ます。
  • 炎症性疾患は、骨盤臓器や器官を、より一般的に女性)-これらのプロセスできるホルモンの不均衡ができるのは、損傷小静脈ます。
  • な身体運動の生命による長座静脈を圧縮し、その妨げに血液の循環を良く減少し、静脈壁については、血液を開始停滞がありvaricose脈(今日の医師も特別期-コンピュータvaricose脈で多数の患者は、原因不明の病た定着作業の前にちらつきモニター)です。
  • 過度の運動でのこれらの重量挙げ、超過重量、妊娠、作業に伴い、長い、その結果、大幅に増加し圧力は、静脈につながるインシデント発生における特色
  • 平足です。
  • 癖は常に、"もの""ね"の違いハイヒールです。
  • 便秘、圧力の増加、腹部です。
  • 怪我や病気です。
  • ポール-上記のとおり、リスクの開発varicose静脈女性です。
  • の構造体は通常、varicose脈がない人は平均以上の成長です。

症状のvaricose静脈は足

症状のvaricose静脈は足

症状のvaricose脈が特徴の緩やかに進行します。 明らかな兆候検出を直ちに、最初の段階では、疾患のマニフェストより:

  • 膨潤の足のどこに行くにゆったり座ったり立ち位置は、原則として、パステルなのですが最初になると、深部静脈うに対応しておりませんので職務の執行;
  • 戻としびれる足が、ほとんどの場合この症状に表示され泊朝;
  • 感激しさは、燃焼、かゆみ、痛みの脚は、特に、後半の日
  • 最初に目に見える特徴的な赤-青ダ脈-静脈には、明確に見えます。

で最初の警告標識は遅れ、訪れるものです。 ご存知のとおり、他の疾患にも対応する処理の初期の段階です。 の場合は症状を無視するとともに、患者はいないだけでは不十分であると考えの基礎を求める者の将来たデータや処理機能を単に新し

  • 濃縮、暗く美肌の子牛:そのものが汚れや、剥離は、
  • 静脈になると痛くなるプロービング;
  • 厳しい筋肉痛、強度の増加する中を歩;
  • 外観のスピーカーの皮膚の足と足の静脈のノードです。

場合に正しく処理しない任命されることは、患者の問題を引き起こしてい深刻な合併症をについては後述します。

が医者にかか?

兆しはあるものの、外観は絶対表示のための緊急の治療は医師ます。 これらには:

  • 気の弱さ、息切れ、感が酸素
  • 急激痛みの脚を、身体を封入し、燃焼感覚;
  • 開始の出血を呼び出して不安や疑のプロットします。

どのようにこの診断すか?

正確な診断が求める医師-phlebologistや血管外科医です。 る専門家に好ましく、より好ましくは最初の警告信号です。 もちろん、最初の試験手順の検査および調査の患者です。 それを確認するための診断を得る最大限の情報を自然塩野義製薬と共同開発を行いる必要がある以下の手順:

  • 超音波の静脈の過程でこの研究になることを明らかvaricose脈でも結論と方向性について、血流の流れが存在栓、腫瘍、評価の拡大血管;
  • トvenographyは非常に正確で分かりや研究方法、結果のある機会を十分に評価する条件の静脈には、この試行導入することにより、人体、造影剤、着色です。

両方のこれらの方法は互換性があります。 では最低侵襲で最近、好ましい超音波の静脈のです。

超音波の静脈

どんなに危険はvaricose静脈か?

Varicoseがありaphorism作成した医師による"疾病の発現に、撮影をします。" 実際、この病気になる問題の困の削減、生活の質です。 前者医療支援varicose静脈に繋がる深刻な合併症を含む。

その効果のvaricose脈の足できる:

  • thrombophlebitis-疾病の発生の炎症過程の影響を受け脈;
  • 出血;
  • 違反の栄養組織;
  • 色素沈着の増加;
  • 血栓-危険なの健康の命を合併しやすくなります。

まとの合作とでも言うべき、そのような共通の"コンパニオン"のvaricose脈の足として栄潰瘍ます。 理由の発生には一定の静脈不全、高血圧、脈ます。 な潰瘍通常、ゆっくり癒しても治療が困難とめることができ、作業能力の患者がいて発作を起こす場合があり障がいします。 腫病にも悪臭-このすべての生命は非常に困難になる。 の登場により栄潰瘍に苦しむvaricose脈の貢献も軽微な損傷-打ち身-くじき、それは単に不可避けなければなりません。 ちなみに、時に(一)これらの病変悪性腫瘍です。

処理のvaricose静脈は足

処理のvaricose静脈は足

処理のvaricose脈の足となりますが、最初の段階からの疾患です。 まつりの初期段階の病気がな宣言の合併症との非可逆過程で一般的に使用する保存的治療、治療手術となるモデルを設定することで、以下の手順:

  • 薬物療法になっています錠(venotonicsは、非ステロイド系抗炎症薬、抗凝固薬)、地域内資源には、あらゆる用軟膏剤です。
  • 圧縮処理を装着して圧縮ストッキング、又は包装の足とし弾力包帯です。
  • 空気圧マッサージを行う装置を用いてpneumomasserは、活性化し、血液循環を改善組織trophism、その結果、不快な症状のvaricose脈が減少がなくなります。
  • Sclerotherapyが使用される場合には除去の影響を受け脈では不十分です。 とすることで、手術用メスの静脈に注射特に重なる流血液の医学、その結果、容器は徐々にatrophiesて消えてしまう。 こうなっていないのは早期に必要な一つのセッションの、その効果のscleroplasticの使い勝手は大きく変わります。
  • Endovisalレーザーでは胎最も近代的な方法は、下局所麻酔の結果を評価することができまいます。。。
  • Leeches-この非伝統的治療法のvaricose脈の足に基づくleeches-オヒョウなどの木の内皮にある皮膚の患者やその後の吸い出血液希釈物質hirudinしたが、今日では可能なのleechesの棚の薬局が多くの準備を含むこのツールです。

防止varicose脈

特に注意を防止varicose静脈は足する必要が人々にリスク者の親族がこの疾患は、代表者の職業(教師、美容院など) 人は肥満の方、妊娠中の方などです。

まず、必要なものが活動的なライフスタイルです。 スポーツ(水泳、自転車)は、好のハイキング"旅公共交通機関は、登階による階段ではなく、エレベーターなどです。

者による職業を余儀なく長い時間を過ご座または立位であることに留意すべきでしょう、以下の提言

  • 長い立ちにとってよりよい時から一歩にな揺れの動つま先ます。
  • 会社員が日々を過後コンピュータの画面は定期的に入れ、足、テーブルはこの位置の大幅な向上に流出血からの静脈の下肢ます。
  • 小さなフットレストは削減することができ、危険な圧力とともに、非常に快適な長期間の座を基礎演習を行います。
  • コロンブスのつみきシリーズからなる断続的な降の足に貢献し緊張感のある脚の筋肉の血液の流れます。
  • 少なくとも一時間あたり5-10分のすべきファーレン長崎を下してベストや運動です。

圧縮を利用するだけでなく治療varicose脈にも防止します。 例えば、人の家族がこの疾患、妊娠中には、飛行中および長旅でバスや電車での訓練で使用圧縮ストッキングやラップを足し弾力包帯です。

お問い合わせの前には、その中でも最も穏やかで、どうしたらよいかということです:

  • を経口避妊薬(が含まれているホルモンでの態度がなおさら強硬になる状況);
  • 靴の高いヒールは、
  • 過体重、肥満;
  • 食塩、脂肪、辛い料理;
  • 荷重バッグ、スーツケース(現在非常に人気の荷物車);
  • depilationワックス;
  • 長風呂にお湯;
  • サウナ-大浴場は、
  • アルコールの濫用、喫煙;
  • 自己処理します。