症状のvaricose脈(varicose静脈)の脚

Varicose脈(varicose疾患)の病理過程の特徴の内腔の血管は、違反の流出静脈の血液から足をします。 静脈システムは特殊なバルブによる血流の一方向(上)とな停滞の足です。 故障のこれらバルブに繋がるバ血液の流れが静脈閉塞の下肢の開発症varicoseます。

診断、症状のvaricose静脈は足

の兆しがvaricose、足の静脈

varikoz

原則として、私たちの多くはvaricose長脈青膨ノードを足です。 このビューが実際に一つの疾患も同様の状態を観測することも場合に走ります。 さらに発展させることにより、表varicose脈を伴う痛み、激しさ、疲労、浮腫のshins足です。 持病のような状態なので静脈瘤を誘発血栓形成が頻繁に感染します。 これらを背景に、しばしば炎症の血管は、しばしば複雑による血栓(thrombophlebitisます。 の静脈幹が形成されて苦しいシールの素線の皮膚を失弾性率、色、厚い暗褐色をしています。 最も軽微な損傷を引き起の潰瘍ます。 Varicose女性40年になります。

ステージのvaricose、足の静脈

  • ステージIのvaricose脈–完全な苦悩みの化粧品疾患
  • ステージIIのvaricose脈–感激しさは、満腹、夜間に戻加;
  • ステージⅲvaricose脈–マ浮腫の足shinsの皮膚シールの皮膚および皮下組織、黒ずみ、皮膚の);
  • Stage IV varicose脈違反の生物生産組織、潰瘍ます。

症状のvaricose静脈は足

  • ダ脈(telangiectasiaます。
  • 曲線、伸びのvaricose脈に突き出している上皮膚の表面です。
  • 変更になりやすい。 最初ので過度な乾燥肌に対して色素が沈着し、後のメンバーになり、異なる自然皮膚炎、湿疹-栄潰瘍ます。
  • 痛みます。 痛みをすることに起因する様々な要因により、その自然である必要はありません–高温の鼓動痛み痛みを歩きながら、痛みや痛むの脚部のかゆみや筋肉に戻夜には、痛みのコースを静脈幹がします。
  • 膨潤します。 これまでの分布の地域の足とshinsます。
  • 腹と激しさを足します。
veni

それぞれのステージの開発varicose疾患の特徴はその症状です。 最初の段階では、時の静脈に接続深くに始まり、病的血流の)病気などでことが困難であるが、その主な症状(varicose静脈ます。 でも発現による疲労感のある重大きな足の痛みも可能で症状の開発の初期段階の疾患などの腰椎変性病気ディスク、フラット足、疾病の動脈にあたるようにします。 この患者さんの利便性が向上するだけで、血管、またneurologist、外科医です。 正確な診断は超音波venographyます。

通常、女性を始める音、アラーム時の皮下に、太ももや足は明らかにし始め輝きを通して薄膜静脈または"いきなり"が醜い赤または青静脈またはパターンは、必ずしもその外観は不快な感覚です。 さらに血管のパターンの皮の増加による皮膚の変化がcyanotic、魅力的です。 いなく言える化粧品の欠陥の女性専門医の診察します。

みの外観を主な症状の病突き出した静脈瘤(ノード)の内側表面の下の脚は太ももので、始めの女性という考えのもとになって右の静脈ます。 その瞬間、病気の発展が進行していきます。 長期滞在の彼の足は、日中や長い散歩の原因となる外観のその他の症状のvaricose脈-疲労重し、感覚の充実、通常子牛を、痛みのvaricose静脈症又は痛むます。 これらの症状は追加の膨張(近づけ、夜、朝はパス)の夜に戻子牛の筋肉です。 当初、これらの症状が断続的に発生が離れた後も残ります。 希望の回復などの病気の未処理の場合には、進みます。 一般的に、覚えていれば、varicose静脈に生じた、彼は永遠にできるだけでなく開発の合併症が遅延する外科的介入するところで、または保証をなくしのこの疾患はいつまでもこの長期的影響します。

の開発、疾患のすべてのこれらの症状がより頻繁により急性、さらにマニフェストに、馴染みの目の肥大化皮下静脈紺、突起の上皮膚の足の形房のブドウで造られます。 の痛みとなりにはたまらない、熱膨張って数多くのサービスを提供します。

lechenie

さらに病状の変化と皮膚、皮膚が乾燥し、濃色、っていうのはもうちょっと後に始まり経験の栄養段階障害(長癒しの湿疹潰瘍ます。 痛みのこの段階ではな耐えられます。 この疾患は非常に高度の治療にvaricose静脈は足が、この場合、通常の業務です。 う方法論は、判断する血管外科医にそれぞれの場合です。 Bezoperatsionnyeの治療応用の初期段階の開発の静脈瘤、大きな変化は見られなかっになりやすい。

原因varicose静脈は足

  • 遺伝的素質です。
  • 男女別の患者です。
  • 妊娠ます。
  • の利用のホルモン薬や避妊薬です。
  • 過剰な強度や頻繁に行使します。
  • の職業に関慣仕事や長期に立った。
  • 不健康な食習慣です。
  • 過体重、肥満症ます。
  • 着ンススタッフによるイタリア製です。
  • の運動不足です。
  • 先天性の血管壁です。
  • 免疫-内分泌疾患です。
  • 混乱の弁膜装置静脈システムです。
  • 違反に血液が流れます。

きは、直ちに連絡すか。

その場合は、下記の症状は、直ちに医師にご相談下さい:

  • が増加しの心の痛みを足することは不可能で、この場合皮膚は熱をタッチします。
  • 場合に突如登場した息苦しい空気を感じ、私弱いんです。
  • 場合には病の皮膚血の滲みます。

の影響varicose静脈は足

湿疹-皮膚炎、

炎症性疾患発生の背景に低迷の静脈血の下肢ます。 マニフェストの皮膚の発赤病変が不規則なエッジをより厳しいかゆみや外観の軽微なひび割れはバブルにつながります。

栄潰瘍

の発生を背景に湿疹るのが特徴の外観の足の痛みが長期化癒しのシングル巻きの底を滲みます。 激しさの脚が上昇すると、患者が立てなくなっています。

急性thrombophlebitis

表現としての炎症の壁varicose脈の形成はその内腔の血栓します。 病気の特徴は、厳しい痛み、赤み増加し、体温、アザラシの皮下にあ血管します。 こ栓溶解し、がそういうことは、内腔部の静脈が完全閉塞のリスクの抹消の申請および多発性硬化症の影響を受け時間ほどの散策路がある。

との一層の進展の必要条件は、開発の上昇血栓lebotromboza、後者の影響の深部静脈システムが肺動脈の閉塞による血栓します。 前の処理が停止血流の開発が壊死する。

破varicose脈

発現により厳しい出血を要し、即時医療介入します。