Phlebectomy-除去varicose脈手術

したがって、外科手術のためのvaricose脈を示すべきではない遅延その実施ので、早く行われ、早く来の正常化は、血流の改善又は治療のその他の疾患や合併症などの特色

勧告術前phlebectomy

足

準備手術の静脈には簡単なものです。

シャワーで、脱毛足のきの動作、皮膚のニーズが健康に無料のpustular疾患です。 場合に動作いた全身麻酔下での規定は必須の腸をします。 手術に来てゆったりとした履物や衣類に付着します。 まず手を流水とせっけんでよく薬剤は、必ず連絡担当の医師ます。

手術中に使用できる様々な医薬品している場合には、不寛容やアレルギーのある薬剤は、特にNovocain、ヨウ素を含有する物質は、必ずお知らせ外科医です。

効能phlebectomy

  • 場合は豊富なvaricose脈;
  • が伏在静脈病態の拡大;
  • まvaricose伏在静脈に伴う増加による疲労および脚のむくみ;
  • の場合に顔を向上するととも違反の流出血液—感激しさ、むくみ、疲れを足がなくても、varicose表面的な静脈;
  • がある場合栄養障害になっていない観光の拠点には最適な立地に保守的な治療にかかわらず有varicose伏在静脈);
  • varicose脈を伴う栄潰瘍;
  • 急性期thrombophlebitisの特色

禁忌phlebectomy

  • で末期にvaricose病
  • 高血圧は、
  • 虚血性心疾患;
  • 厳しい感染症プロセス
  • 高齢期の患者
  • 炎症の脚、湿疹pyodermaは、erysipelasます。
  • を行っていない手術のためのvaricose脈の妊娠ます。

手術で取り除varicose脈-phlebectomy

の外科治療のvaricose疾患の病脈を除去します。 この操作により約1~2時間です。 除去の伏在静脈とは妨げるものではありません通常の血液の流れを安全体になじ伏在静脈(すなわち、そのストライキvaricose静脈)は、通常の運行なの10%以上の血液です。 90%の静脈血の深い、いわゆる接続静脈の足です。 でから取り外すと静脈の皮膚の下にこれら船舶るので簡単で、負荷の血液循環のとします。 術後はほとんど確認できませんが傷み4-5mmます。

phlebectomy

の場合は検出不正に機能バルブの静脈、訂正な支払不能バルブの回復に通常の血液の流れます。 後静脈手術を辿るために必要な幾つかの提案は、弾性圧縮します。

手術後、患者さんにお勧めのクロック1.5—2ヶ月の使用弾性包帯や弾性ストッキングします。 また、機能の回復に向での操作足を定めるvenotonicます。

ただし、その業務が伴うリスクが高い傷跡します。 最近開発した方法ることができる機能プラスチック手術はバルブの大伏在静脈のなの切り出し時間ほどの散策路がある。 これらの操作varicose脈は非常に効果的なものの非常に複雑で、所有して小さな円を描きながら専門家ます。

手術後のリハビリphlebectomy

手術後の除去脈の勧告は異なり、患者さんの全てによりさまざまなものがありvaricose脈の患者の慢性疾患、全身の健康の自然の範囲動作します。 その後、介入の静脈などを丁寧に外科医は、自勧告します。

から時間後に手術をお奨め、曲げ脚などにします。 が簡単に引っ掛けて吊り上げるのは、終了によりベッド8-10cmが大幅に向上静脈血液の流れます。

翌日の術後のvaricose静脈はライゲーションに圧縮靴下や弾性包帯の両方から足の膝ます。 せんだ後、ライゲーションです。 撤去後の静脈にお勧めの理学療法、光-マッサージとしての血栓症予防します。

7~10日後に手術すべきではないなエアロビクス部、体操部はクとサウナ-天風呂。 の8-9手術当日、所定のコースの理学療法および水処理します。 弾性圧縮に必要な以下の2ヵ月後から釈放の条件により異なります。

特に重要な運動varicose脈を行いました。 そんな最高の防止の術後合併症の減速の静脈血流および術後の血栓症します。 それでは、予防のための血栓性イベントの薬を処方します。

その結果、運転後合併症phlebectomy

Phlebectomy合併症がともに存在します。 自然の合併症の重症度の静脈システムはもちろん、その他の関連する疾患です。 初日のきの出血からの傷、打撲します。 出血しない重量で小型の伏在静脈にたい方の中には、手術を受けな7~10日後に手術です。

栓塞栓症(の閉塞、動脈の結果、分離の血の塊)を除去した後、varicose脈が発生する可能性がありますによる深部静脈血栓症、下肢ます。 深部静脈血栓症は稀な合併症のphlebectomyの原因となる減速の血流を通して、静脈、感染により巻き、インターネットブラウザを利用します。 防止血栓が上昇する最初のノック手術後の圧縮治療、薬剤の使用向上につながる特性です。

ウィーン

手術varicose脈のないルール開発の再発—削除の病脈と静脈瘤ます。 しかし時に、不遵守の体制の防止varicose脈でも、健康的な静脈で病気になってます。 しかし、早い段階での治療が最も効果があります。

化粧品に効果phlebectomyステージによって異なるvaricose脈の機能の静脈システムの有の合併症の特色 なので、初期の段階においてvaricose脈のサイズと数の傷を最小限にすることができます。 まvaricose静脈の走行を伴って栄内炎、皮膚炎、豊富な色素、これらの化粧品に欠陥が残るもの操作とともに小さな傷の場所を削減します。 美容効果phlebectomy真剣に個々の体質の形成に瘢痕組織です。 あおいても重篤な皮膚の損傷形薄膜傷ます。 その他にも非常に小さな被害は体質の形成、突起の上皮膚表面の傷ます。

ミニphlebectomy(マイクロphlebectomy)

近年、センターのphlebology、varicose脈のすべての拡大に伴い、方法はミニphlebectomy(マイクロphlebectomyます。 ミニphlebectomyの除去の静脈を通して小さなpuncturesきます。 この手順を実行す必要としない大切な操作のための特色 の段階によってvaricose脈を行うマイクロphlebectomyには必要ないかもしれませんは病院にも全身麻酔ます。 手続きのためのミニphlebectomyが可能という外来ベースの極小局所麻酔でのミニ-phlebectomy—全く痛くない方法です。

撤去後varicose静脈の外傷です。 終わりのない歌からはどんどん遠ざかっていく自主的に2~3週間、1ヶ月~2ヶ月程度ほとんどないの痕跡varicose静脈、手術が残っています。