何varicose静脈足を画し、症状と治療戦術

Varicose脈の下肢(週末のブランチ、ランチのタイプの疾患の原因となるばかりでなく多くの不快感にも大きく損傷の外観です。

足の静脈

一方、病気の危険な病状につながる厳しい病変の循環システムです。 多くvaricose脈の足に影響する人の中年は、30-40年です。

一般特性とその原因varicose脈

健康なヒト静脈血から足をの圧力で、通常の条件を克服し地球の重力です。 に障害このメカニズム、体を強増加の圧力の血液です。

結果としてこのプロセス によるバルブ不全を特徴とする血液の流れを表面的な静脈からの深い。 から圧力を内部の血管が増加し、その壁を喪失弾性率、ストレッチや劣化を形成の可視皮下の結節青みがかった色です。

週末のブランチ、ランチはこれを著しくは外部環境の変化、足元のエフェクトなどの合併症、その一部はチェーンの車椅子がその他のもの死亡する。

その理由の開発varicose脈の下肢:

  • 高レベルのプロゲステロンは、女性の身体をします。 このホルモンのマイナスの状況の静脈壁のバルブ、が弱ます。
  • 先天性異常の弁や静脈壁の結合組織、不浸透性の深部静脈は、遺伝的素質です。
  • 腫瘍内に足をお腹ます。
  • 負傷者の下肢ます。
  • 疾患、内分泌システムです。
  • Thrombophlebitisます。
  • 関節疾患が、骨粗鬆症、慢性関節リウマチなどです。
  • 長期使用のホルモン避妊剤です。
  • 慣なライフスタイルにつながることが多いcongestiveプロセスの足です。
  • 増intra-腹圧力します。 これは通常時の肺疾患、が頻繁に便秘です。
  • 肥満です。
  • 着密服のスタッフによるイタリア製です。
  • の存在感は、食の大量-高カロリー、脂肪食品、繊維の植物です。
  • 喫煙、アルコール消費します。

妊娠週末のブランチ、ランチが特に多く、この時期があり 地球環境変化に対するホルモンレベルを増量します。

男性からこの病気に悩む場合には ライフスタイルが関連する重肉体労働や長期滞在の私の足は、装置のオペレーター、ローダーなどです。 はVaricose脈の足できるが結果としてのスポーツです。

の兆しがvaricose脈

症状としての一歩を踏み出す

Varicose脈の足元に は、以下の症状

  • 外観の痛み、足:varicose静脈を用いた歩行時の痛みは、鼓動と、落ち着いた状態で噴;
  • 発作夜;
  • 見えの変化を肌に足をダークスポットでは、ct、はれ、乾燥肌の
  • 感激しさを足がなく、そのような破裂からの内部で主に起こるリゾートグランヴィリオホテル後の日
  • 増粘の静脈には、明らかにして、表面の皮膚ます。

の数と強度の症状のステージによって異なるの疾患の放置により違いますの症状

の症状の進行varicose静脈は足下の写真のようによっては、そのステージの状態の患者が割り当てられます。

処置が遅れるのは非常に危険な ので週末のブランチ、ランチです。 ない場合には治療にすることができる変形構造物の筋肉の脚部には、破骨組織的かつ不可逆的に変化します。

としてのゲームが進む中、varicose脈を伴うような現象として 形成の広大な湿疹-静脈nonhealing潰瘍で発壊死する。 その影できdire–足の切断、血液中毒死に至るものもあります。 でも最大の危険の可能性を形成し、血栓が出ますが死亡ます。

が医者にかか

より高いリスクの合併症の遅れによる治療週末のブランチ、ランチに行き、医療施設が必要なのは、疾患– 腫れ、足、腹痛みなどです。 診断varicose脈phlebologistsい、難しいケース–angiosurgeonsます。

診断

診断

最初の段階で現れた週末のブランチ、ランチは非常に明るいです。 人 だけの痛み足、およびその他の症通常の疲れ、お仕事や年齢です。 医師が存在する場合にのみ、既に大きな変化は私の足は、厚さ膨張静脈またはノードです。

定義varicose脈に基づくこれらの症状はないが難しい専門です。

で唯一の資産運用と公私年金制度は、 一つの検査、医師に限らず任の追加的な検査:

  1. 超音波ドップラー flowmetryや謝し、特定の血流と豊かな静脈のです。
  2. 初期段階での週末のブランチ、ランチの定める サンプルのpertusaは、ハニア、Troyanovaは、Satis その他の開発の特色
  3. Lebanoneseは、測定圧力の脈ます。
  4. スキャンの静脈の結果を測定することができる状態の静脈弁です。
  5. Venographyます。 この手順を実行中の静脈のコントラスト中とその後の撮影です。
  6. Echo-deduxit sclerotherapy 静脈注入sclerosant、そしてスキャンします。
  7. サーモグラフィー 検査を用い赤外線を放射します。
  8. コンピュータvenographyます。
  9. Phleboscintigraphy 試験のリンパ節および静脈の放射性核種ます。
  10. Photoplethysmography –調査のフォトダイオードです。

すべての種類の調査なに規定されています。 Varicose静脈は、通常、なかなか簡単に診断 で一または二つの方法が定める医師に患者の状態にします。

治療法の下肢

の包括的治療のvaricose脈の下肢には、以下のいずれかの方法が

  • 保守;
  • sclerotherapy;
  • 手術です。

また、所定の特別国会に、演習および理学療法です。

治療

保守的な

保守的な治療法のvaricose静脈は足がにのみ効果を早期に発見し、早期に病気です。 改善のための条件静脈壁のバルブを 割り当てることができる以下の治varicose脈:

  • Venotonicsます。 これらの医薬品の改善の弾性静脈壁の復元構造の組織の血液循環を足します。
  • 抗凝固薬です。 これらの薬物の削減には、血液凝固では、このように血栓塞栓症の予防ます。
  • クリーム用軟膏剤とvenotonic効果です。
  • 抗血小板剤です。 これらの資金に貢献する"吸収"の血栓します。

のほか、医療法、割り当てることができ着圧縮下着いかを選ぶかは、 特別食の燻製、揚げ物や脂肪食品、緩やかな身体運動–サイクリング、ジョギングや平野を歩きます。

いずれの段階で病気の ニーズを制限しの大浴場やサウナなマーケ が紫外線で有害な効果は、患者の状態です。

Sclerotherapy

この方法の治療varicose脈の脚部は 、静脈に針で刺入、薬剤を提供sclerotic行動します。 静脈壁と合体の血液の容器が停止します。

この手続きは麻酔下での終了後、足の包帯です。 今後は、患者がおすすめの着圧迫を強化する治療効果ます。

外科手術

手術のvaricose脈の下肢が割り当てられ、表現の症状病気の場合に脅威を与え健康や生命の患者です。 手術の場合varicose脈は複数の種類:

  • その脚の部分に3つの切り口による摘出の影響を受け静脈ます。
  • くの患者さんの静脈を切開、ライゲーションの近くの静脈ます。
  • ライゲーションの影響を受けに静脈のバルブです。
  • 完全に除去の静脈瘤は、静脈、静脈潰瘍ます。 これは、最も複雑な操作の種類の定めるだけで最も重症な症例です。

Varicose脈の下肢が極めて 深刻な疾病の兆して40%の大人ます。 時間があれば始まらない処理varicoseメッシュの足の疾患で完了しました。 みの下での医療の指導および適切なアプローチが防止できる多くの重篤な合併症の疾患です。