Varicose脈

Varicose脈が拡張の皮下静脈(直径が3ミリメートル以上のもの)は、静脈の形式の静脈瘤は、類似房のブドウで造られます。 長時間varicose脈の下肢のないマニフェストのその他の症状以外の化粧品の欠陥ます。 しかし、進展にvaricose脈場合はこの限りではありまその他の毒-特定の症状痛感覚の足の膨潤足shinsは、戻る子牛です。 では進行期の病気で暗く皮膚の下の脚thrombophlebitisその他の合併症です。

Varicose脈 の感じでは疲れやむくみの足外観のダ脈–この症状です。 の開発、病気が悪化していく状静脈の不快感です。 の現状や先の迅速な治療を必ず医師の意見-phlebologistます。

の治療にvaricose脈の脚(varicose脈の下肢)

っており、さまざまなタイプの静脈不全に影響する約20%の人々にます。 静脈の影響varicose脈だけでなく、化粧品の欠陥および身体的な苦痛が深刻な疾病が未処理できる合併症です。 時間があればませんの診断な行動を大幅に増加のリスクは血栓症のthrombophlebitisは、栄潰瘍、肺塞栓症"です。 後者の場合、突然死する。 Varicose脈の足にはほとんど不可能であることを保守的に治療します。 医薬品の使用圧縮靴下限を一時的に削除したり痛みができないの原因を取り除疾患です。 成功の除去varicose脈の足のみを摘出します。 処varicose静脈の形成は難しく、最初の段階ではありませんが遅れたの訪問をphlebologistます。

複合phlebectomyには、"varicose静脈治療効果によるアドレスの病理学です。 また、近年では、革新的な低侵襲性の静脈内投与に介入する治療varicose脈をしなくても、小切開創します。

の治療にvaricose脈

医師の近代技術の治療varicose脈できる迅速かつ安全な取り外し、病理学です。 によって、臨床の場合の専門家がおこなうには、以下の種類の操作や操作:

  • 複合phlebectomyます。現代の低侵襲手術の除去の影響を受けvaricose脈では、より小切開創とpuncturesます。
  • Sclerotherapyます。 非外科的治療法のvaricose静脈注射による特殊な薬剤の内腔の血管に注入する。
  • 高周波アブレーションの特色 非侵襲的手法遠藤-静脈の治療varicose脈を利用熱エネルギー
  • 遠藤-静脈のレーザーでは胎ます。 非侵襲的手法遠藤-静脈の治療varicose静脈を用レーザーです。

遠藤-静脈介入の治療にvaricose脈

遠藤-静脈の手続きなどの高周波アブレーションやレーザー凝固時間ほどの散策路がある。 この技術をし、中に入ることができる原理の熱影響を静脈壁、その結合は、閉鎖の内腔部を逆に血液の流れこれらの血管の消失、varicose症候群です。 の有効性に静脈内投与の介入のメリット:小型の外科外傷、痛み、急速な回復後の介入します。

Varicose脈の下肢とです。

その理由の開発varicose脈

のvaricose疾患が、遺伝性欠陥の結合組織です。 主な出発点であり、疾病は、破壊の静脈弁の外観の異常放電の血液から深部静脈の表面です。 この血圧、皮静脈システムとその後の拡張の皮下静脈ます。 また、原因のvaricose静脈男性と女性:

  • ホルモンバランスが崩(妊娠、ホルモン剤など)。
  • 長期の静的および熱負荷(a慣生活や仕事が頻繁に訪問温泉、サウナなど)。
  • 重量
  • 消化管疾患を、心臓、血管します。

症状のvaricose静脈は足:

  • 感激しさは、燃焼の膨潤足に戻る子牛(落ち着きの脚症候群)です。
  • 慢性静脈不全に対罪による濃縮や打撲の皮膚の下の脚潰瘍ます。
診断varicose脈

また、varicose脈がな症状としての臨床症状です。

診断varicose脈

どの程度のvaricose脈疾患を除外するその他の病態を受けなければなシリーズ試験:

  • 外観検査や触診の手足、医師に特定の種類や場所のvaricose脈;
  • 超音波両面スキャンの静脈の下肢;
  • 渡臨床試験の評価、患者の状態や血栓症のリスクです。

処理のvaricose静脈は足

種類の手術(phlebectomyは遠藤-静脈の操作については、診断データの疾病ステージでは、個別のアプローチはそれぞれの場合です。 手術中の除去varicose静脈は足が得られるよう留意して、美的側に質問する場合には、このような、切ない傷跡を残します。 医師が通常なのに必要なものすべてが効果的に症状です。 意する必要はありませんの長さらには社会復帰までの期間です。 手術後の除去varicose脈着圧縮靴下です。