の治療にvaricose脈の民間療法

の損失弾性静脈壁の透過性の血により、その厚さはその主な要因は、開発の特色 民間療法で、通常の使用を強化すると静脈壁に増加し、肌の色、著に改善の状態であり、これからの大きな予防法の開発疾患の外観血栓します。

一つ

原因や症状のvaricose脈

誘発の悪化の筋肉静脈することによって説明できることに強い物理的負荷に足、肥満症、妊娠ます。 この脆弱性筋線維できる先天性、防varicose静脈は最初の頃からです。

外観は、皮膚表面の太ももメッシュの小型船舶又はtelangiectasia多くの初期特色 な船で顕著に挑ます。 挑のリスクを増開発varicose静脈に数回変更された脂肪組織への障害物の流出血下肢ます。 小型船舶も可能で通常の化粧品の傷、自分が初登場では専門家に相談する特定のリスクの開発varicose脈や目的に最適な処理のスパイダー時間ほどの散策路がある。

膨潤の足は第二次信号の発症の疾患です。 として膨張する現病、心臓、腎臓、除くその存在は、入学試験に合格します。

一番不快なものを主症状の病気ではない非常に厳しい痛みの足は、子牛の筋肉によって保たれています。 痛みの発現そのものが多いの後、運動後半の日に着きます。

戻夜激しさの脚は別の符号の初期病気です。

の場合はすべてこれらの症状は、なるべく、専門の医師ます。

民間療法の治療varicose脈のレシピ

最も一般的な効果varicose静脈には薬草を栃ます。 準備の医学利用のほぼ全ての部品は工場です。 ツールでも内容およびアドレス(url)を変更となります。

効果的なハーブや植物に対varicose静脈もmelilotは、meadowsweetオーク樹皮、牡丹は、ラズベリー、ホップ、buckthorn位授与者数(修士-主任指導)alder果物、bergeniaルート、樹皮や葉のヘーゼルです。 ハーブを使用できる単独またはトレーニングを行いました。 民間療法を低減するために炎症の強化の壁の静脈の血液循環、血液、痛みを和らげ、場合に貢献する破壊の静脈瘤ます。

圧縮および包帯の治療に特色

包castaneisに対する痛みの特色

スライスの黒いパンを広めのバターやcamphoric油を入れて、乾燥果実の栃ます。 このウィーン病と固定します。 の圧縮に泊ます。 したが、治療、痛みます。

ごぼうやワサビの治療に特色

クリーン、ゴボウの葉又は地獄に入れて湯釜のような値段。 内側に取り付けるシートの影響を受け、ウィーンに作品の無菌包帯と固定します。 の手順で行います。 このコースは5手順います。 の状況は大きく改善され、痛みを受け始めました。

ごぼうやVishnevsky軟膏と突き出した黒脈やノードです。

と庭園のマグカップ動作しませんのでご留意ください闘病のです。 夜の摩擦をたっぷりの足と軟膏Vishnevskyトップするゴボウの葉や着用圧縮ストッキングします。 三日後に包帯での変更は、事前に洗浄を行います。 処理を続け、夏の間はシリア難民への緊急ごぼうです。

蜂蜜で包みと特色

に静脈病制圧縮とハチミツです。 生地はない均一に広がる厚い層のハチミツ-トップポリエチレンラップで固定し、包帯です。 最初の手続きまでの約2時間の4時間目の全ての夜。 改善後の食する直会(なおらい)に至る。

圧縮化粧品な粘土からの特色

化粧品の粘土で希釈冷水までを一貫性のサワークリーム(ドレン)、被災地への静脈には、上から包み込む幅広い包帯またはガーゼ、包帯の上の粘土層の包帯できる層厚さの1,5cmットをラップキャンバス生地の水分を吸収し、ラップ、マフラーのウールです。 間、寝そべるように、足にシミュレーションツールクッションの下敷きます。 後三時間の削除湿布薬、洗浄、足寝ます。 既に次の手続きの痛みを鎮静化は、徐々に消えるの腫瘍およびノードです。

ポテト圧縮の治療に特色

のノードの足元に毎日を適用湿布薬の搾りたてのポテトジュース、トップに固定テープ、包帯です。 の手順で行うのが最適です。 処理が行われまで完全に回復します。

Chickweed、ゴボウとの闘いにおけるvaricosityます。

草のwoodlouseの病気脈の上に新鮮な牛蒡を決包帯です。 ゴボウの葉への変更は毎時間、草のwoodlouseます。 どの枯れます。 週のような処理が不要なたの痛みを返します軽量の足です。

のジュースのcelandineによる特色

る包帯のジュースのcelandine'を用いることにより,病脈のノードを固定すると、巾約4時間です。 の処理の間、週に続く十日間の休憩した後、再びコースです。 けとなる3つのコースです。

パックトマトと特色

薄切りにした新鮮なトマトの適用の日のたっぷり脈の固定包帯です。 トマトのスライスの変更を新鮮なまります。 治療のために実施すべきものです。

パックの植ワーミルクからの特色

構成します。
植–3缶
サワーミルク–3缶

願います。
ミックス草植ワーミルクは、この混合物は広がりがガーゼや地域の患者に静脈を確保し、包帯です。 圧縮保持時間、削除、洗濯、足ます。 手続きい前に服用します。

圧縮から、よもぎからの特色

構成します。
Tarragon刻み–1ほんの一握ります。
自家製ヨーグルト–½L.

願います。
だく圧縮、時間の1時間おきに運行しています。 ミックス自家製ヨーグルトからの草のよもぎます。 この混合したガーゼおよび適用分野の特色 トップのポリエチレンラップラップジャンパー(コート)製のウールです。 足や足への丘があります。 の手続きない5日間連続で、その二日後のコースが繰り返されないとも限らない。

あり火を通してからお召し上がりで2缶のヨーグルト、8茎のtarragon(粉砕します。 る圧縮応用回日の10日間です。

圧縮治療の初期段階におけるvaricose脈(*)です。

構成します。
デイジー atqui–2tsp
沸騰したお湯–1カップです。

願います。
その原材料の沸騰したお湯で、誰のための時間半、丁寧に包み込みます。 準備輸液ひずみの利用として夜の圧縮の影響を受け時間ほどの散策路がある。

油抽出物のカレンデュラ特色

構成します。
カレンデュラの花–50gます。
他の植物油(もろみ)を–500g

願います。
原バター焼き鳥を焼くついでに水風呂を時間、そしてスタンドに対応し、ろ過した。 この結果、ツールを擦日夜被災地へ軽く頂けます。 その圧縮と同じ剤としてすべての夜。

生薬軟膏のための特色

構成します。
新鮮なルートニキビ対策の商品にもよく使用刻み–10缶
乾ニキビ対策の商品にもよく使用の葉を刻んだ–2缶
花栗–2缶
アカシアの花–2缶
内豚肉の脂肪溶解–4缶

願います。
ミックスハーブをカバーの温脂質は、着火遅。 準備軟膏歪み、降り注ぐjarフタを付けるものです。 適用ガーゼ巾の影響を受けます。 のガーゼを用い層の軟膏です。 との包帯で歩き、その後の変更新します。 処理を含む5つの治療法です。 二週間後の処理のコースを繰り返すことができます。

摩擦からの特色

Tincture栃ので、露出時間ほどの散策路がある。

構成します。
剥離およびコア栃砕–½缶3lます。
ウォッカやアルコールします。

願います。
原材料流動のアルコールやウォッカの銀行をカバーしてスタンド、暗い場所が一ヶ月間、週に三回の混合物を揺らします。 準備輸液フィルター火格子の日の夜には煩わしい静脈ます。 完成した製品となる今年使用します。 もの注入および内部での利用:小さじ1 3回日の15分前にはお食事は、病気の治療–1月ます。

治癒効果や鎮静効果(ノード)の特色

毎日寝る前の摩擦をたっぷりの足を治癒効果や鎮静効果です。 のコースは30日間です。 の手続きができるので擦り、これに浸かりしております。 増加の効果の治癒効果や鎮静効果で希釈水は飲めると蜂蜜を空腹の朝は、半時間の前に朝食付プラースみなと"です。 希釈水の治癒効果や鎮静効果として使用できるセンシエンスバランシングの影響静脈(ガラス中の水2缶です。 酢ます。 手続きは二時間前に服用します。

カランコエ特色

構成します。
破砕葉カランコエは半リットル瓶です。

願います。
原流のウォッカのトップ銀行を主張週暗所で密閉してふたをします。 準備tinctureは、フィルタを使用摩擦被災地時間ほどの散策路がある。 の手続きは毎日夜間ます。 徐々に色が青純時間ほどの散策路がある。

Tinctureのアルニカやアカシアからの特色

構成します。
花や葉のアカシア50gます。
ウォッカ–400g
新鮮なアルニカ花–100g
アルコール70%-1l

願います。
になるようにtinctures、混合アカシアのウォッカ、アルニカアルコールします。 誰に混合し、密栓して保管してくは、暗い場所のための十二日間です。 完成tincture歪みます。 使用患者に静脈の二つを混同tincturesの比が1:1です。 日月の間に摩擦に泊ます。

レモンに対し特色

最トニックはレモンジュースがあります。 で塗りの患静脈日は朝と夜です。

非常にvaricose静脈への適用軟膏剤、クリームに基づくハチ毒します。

レシピの民間療法の治療varicose静脈内部で使用します。

ナツメグからの特色

構成します。
ナツメグ地100g
ウォッカ–0.5リットルです。

願います。
注スパイスウォッカを主張10日に暗い場所では、揺れます。 完成したtinctureフィルター、間食、20滴いました。 治療のコースは10日間ます。 その後、十日間の休憩した後、再び繰り返しの処理のコースです。 使用ツールを完全に回復します。

ティからのニンジントップからの特色

構成します。
のトップスのニンジン刻み–1缶
沸騰したお湯–1カップです。

願います。
原材料で醸沸騰したお湯を残巻くステークホルダーの下にフタをしてシャカシャカとタオルのための時間です。 飲茶2~3回の日はカップ間のお食事です。

ハチミツやニンニクの特色

構成します。
剥離クローブニンニクのつみれ–250g
液蜜–350

願います。
食材に混ぜだ暗い場所です。 日々のために二ヶ月に1杯三回日前までのお食事です。

で煎じたの樹皮の白柳からの特色

構成します。
柳の木の皮–2缶
沸騰したお湯–2杯ます。

願います。
酒造原料と水をつけながら加熱沸騰15分間とさせていただきます。 温かい汁はフィルタリング、その他の関係書類の設計についての日本の1/3カップです。 にはアクロバットリーダーが必要ないことがありますのです。 の出汁に使用できる夜に圧縮します。

ハーブの1治特色

構成します。
の幸栃20gです。
白樺樹皮–20gです。
オーク樹皮–20gです。
杉菜–50gます。
Thallusesのアイスランドのコケ–50グラム
Astragalus–30g
のimmortelle花–30g
の沸騰水–0.5リットルです。

願います。
草mix2杯コレクションが、酒を沸かし、水を入れて5分のまま出入り可能です。 冷めよびフィルター処理されます。 の形熱ュカップに4回の日です。 受付の煮汁を使の条件の時間ほどの散策路がある。

ハーブ2の治療の特色

構成します。
が進む中、セイヨウオオバコ-50gます。
ヤロ–50gます。
の果実や花栗50gます。
のラズベリールート–50gます。
カモミールの花–50gます。
沸騰したお湯で–0.5リットルです。

願います。
ハーブミックスガラス容器にフタを付けます。 かに2杯を入れ沸騰水を入れて火をつけます。 一度沸削除したり、休に泊ます。 な"問い"に向き合い、クリア輸液朝夕¾カップです。

ハーブ3つの特色

構成します。
ネトル紅葉–50gます。
草ヤロ–50gます。
マシュマロルート–50gます。
花アルニカ–50gます。
沸騰したお湯–1l

願います。
すべてのハーブミックス、1杯のコレクションが追加の湯です。 の混合物を巻くまで冷やします。 ドリンク半カップ、食後時ます。 の処理をコースから3週間、休み時間に再度繰り返しのコースです。 のフルコース処理は8ヶ月になります。

発を防止するためのvaricose脈

  1. プール–水泳の対応の厚さです。
  2. ジョギングやかな朝の日常徒歩少なくとも3kmです。
  3. 拒絶の癖に座っと足を渡します。
  4. のダイエット食品の豊富なカリウム、リン、ビタミンB1、B9、海産物、そばを食べさくらんぼ30g/dayを予防するため、その形成の血栓ます。
  5. 限定または排除脂肪、揚げ物、ソーセージ、チョコレート、アルコール、食塩です。
  6. コシャワーです。
  7. 歩行の階段を上がり、歩卵の殻ます。
  8. 夜には、足を休め、位置の添い寝のお子様がダウンしたり、足りないものいただけます。

すべてのこれらの対策の防止につなが特色 最初の乱れの症状のない絶望にお問い合わせ、医師としての迅速診断が成功の鍵となる処理と民衆を救済するのが回復します。