Varicose脈–症状や治療、予防

Varicose脈で最もよく見かける下肢–共通に十分な疾患に影響を与える毎回住民の地球をです。

短い名前の病態に共通の人varicose脈の足です。 間伐の静脈壁は、その侵食およびその他の破壊的変化の形成のノードです。

そのvaricose静脈か?

varicose脈

Varicose静脈パターンの一部に太もものおよび子牛が明らかになり、血管形成され"stars"は、knobby教育します。 しばしば上記の表面に皮膚を通して、静脈ます。 原則として、疾病の影響歳30年50年もvaricose脈で起こる人が買い求めいただけます。

前の注意を自分の健康、障害、varicose脈の下肢があることで複雑になりがちな、次の病態:貧酸素の組織に血栓症は、静脈潰瘍、thrombophlebitis、出血からvaricose根ます。 最も危険な合併症のvaricose脈と肺塞栓症"では、場合には死に至ります。

に加え、遺伝的素因を招き、病気が発症の要因とし

  • 肥満(肥満のグレードIIとIII);
  • 妊娠
  • 慢性便秘;
  • 先天性静脈検討;
  • 不快な、高イヒールのシューズのインジェクション
  • 着密着し、長期的圧力の脈脚の付け根;
  • 慣生活習慣の定着(運動不足);
  • 長期滞在の彼の足への負荷の下肢の関連性の職務の執行は、例えば床屋は、営業マンは、外科医など)。
  • 喫煙;
  • 凹凸の循環器、内分泌システムは、例えば、動脈硬化、ホルモンの不均衡、妊娠などです。

最初の兆しvaricose、足の静脈

体系的な負担や苦痛の足の原因となりますので、開発の病理学です。 に静脈健康であることに留意すべきでしょうが快適な靴を始め圧縮した後、徒歩または長期滞在に自分の足です。

むくみ、足のvaricose静脈には珍しくありません。 また、このように決定されますの体系的な疲労下肢の痛み、燃焼感覚の地域の静脈に注意してください。

症状のvaricose静脈は足

足

を主症状varicose脈の脚など

  • 外観は黒褐色と茶色のスポットの形成のノードに位置し、上肢、上記の内面に足首;
  • 激しさの脚は、特に明確に感じた夜には、負荷の下肢;
  • 戻りの子牛の筋肉
  • の損失と肌の弾力性は、乾燥過度な輝きを増加し、感性や情報漏えいの脆弱性があります。

処理のvaricose脈医薬品-技術

Varicose脈治療は出来るだけ早期から開始します。 複雑な治療を保証成功を防止disfiguring下肢ます。 そのため、予防および適時へのアクセスしたりするときに、医師に相談しての一歩を踏み出すvaricose脈–責任があることは肩、この特定のケースでは、"足"です。

手術varicose静脈は足のラジカルの治療法の病理学です。 の実現可能性phlebectomyは、endovenousレーザー治療は、高周波アブレーションやexuere'決定医(phlebologistます。

は、原則として外科的介入を行う場合に、保守的な代替治療がないた望みの結果、この疾患は厳しさが増している、脅す、健康と生命の患者です。

現代の医療は多くの効果的で安全な治療法のvaricose脈な手術:sclerotherapy、薬物治療(受angioprotectors"venotonics)、医療圧縮靴下は、運動療法です。

多数の薬剤を含むdiosminおよびヘスペリジン、血液の流れを強化させ血管壁です。 目的の剤形はいただきます。

よくお使いいただくためにいかがでしょうか。

意識的に変化する皆様のライフスタイルのことができまunclogの静脈を提供する貴重な支援に回復します。

くのポンド増加における身体活動を避ける塩やジャンクフードを着用快適なシューズやゆったり服の毎日の足元に残り、高い位置との比較レベルの身体の着圧縮衣料、包帯です。

利用の民法の治療に使用される経験豊富な医療従事者:ハーブな救済を貼り薬の生地から作られた製品やエッセンシャルオイルは、栄養補助食品などです。

非伝統的手段での処理のvaricose静脈は足:

  • hirudotherapy(処理によるleeches);
  • apitherapy(処理のハチとミツバチ産品);
  • フィトテラピーを使用する水やアルコール抽出物から薬用植物);
  • アロマテラピー;
  • プロのマッサージ;
  • ヨガ;
  • リフレクソロジー、特に、su-jokし、鍼灸では、指圧、按線形マッサージ、elektropunkturaます。
  • トルコ風呂/ハマム(コントラストシャワー)です。

優れた結果を除去に静脈瘤の足の実現を支援いたしま処理栃ます。 すべての部分からこのプラントをお茶、点滴のための社内外の利用を圧縮、用軟膏剤、クリーム)です。

の目的のいずれかの方法上記の弱体化の兆候のvaricose脈の停止の進行病のリスクを軽減の開発により深刻な合併症を伴います。

防止varicose脈足

なお足元が常に美しく、30年後のき意見を防止対策の開発の特色

10予防対策の防止のためのvaricose脈:

一足湯が増加し、静脈壁ます。 水を加え、塩、出汁のハーブの承継には、ヤロ、ネトル、カモミール、オオバコ、ホップ)精油です。 最大限に効果を発揮するvaricose静脈またはエーテル類などのcupressusは、oleumゼラニウムやレモンです。 のほか、地元の有や共通の芳香族風呂に入ります。

自己マッサージ、プロのマッサージ、足野菜(ブドウ種子、ホホバ、ココナッツ)に欠かせない上記以外にも、黒コショウ、ジュニパー、ローズマリー、ミント、レモンバーム、ラベンダー、生姜)用しています。

確立油抽出エキスニンニク(誰のための週間の密封止ガラス皿300グラムニンニクのパルプ、½リットルの原油ます。 油潤滑の問題領域として応募することでマッサージを構成します。

治療実習のための足です。 奉5-10分のお時間は毎朝、夕方からは、"自転車"と"ハサミ"–位置の添い寝あり、円形の動きの両側に足首は、squats、脚部の振幅を調達し、手足立ち位置として、支援の手を使用の椅子です。

良い防止のvaricose脈とされる水泳、サイクリング、呼吸訓練には、例えば、bodyflexます。

食事です。 を最小限に抑えるための開発血管疾患の制限の量の塩しい議論がなされました。 の例外には、下記のジャンクフード:ファーストフード、脂肪肉、揚げ物、牛乳、食用油、マーガリン、精製糖、肉、浸漬剤、お漬物です。

豊かなメニューに役立つ製品の静脈:アボカド、ニンニク、玉ねぎペン、ジュースに辿り着いた、究極のステーキやニンジン(新鮮)が、豆は、ほうれん草、アスパラガス、キャベツ、柑橘類、甘ピーマン、ローズヒップ、トマト、さくらんぼ、全ての種類の魚卵です。 飲より自然なジュースや純水です。

通常の休憩の際立ち作業をお休み頂けます。 場所は下肢のクッションの流出血しています。

特殊venotonics(治療–薬学と自家製の軟膏)の病気の予防します。

の脅威の摩耗特別のストッキング靴下やタイツの効果に対し特色

く、習慣によると、脚座っていると、この位置での混乱は通常の血液の流れます。

定期的にクリーンの腸内で体内の毒素を出しているのです の発生を防止する便秘です。 このために、日替わりメニューを含むヨーグルト、新鮮で乾燥した梅は、アプリコット、その他の野菜、果実、果物、米ぬか、ファイバー、亜麻の種子です。

って自分の健康は、長青少年の生活の質を向上させます。 溝不健康習慣にし、定期的に起こる空気の中、足元には、以下のモードに仕事を休み、足をいかに恐怖の特色

ます。