Varicose疾患における下肢の症状の原因、治療

Varicose疾患における下肢である慢性疾患における表面的な静脈の足することを特徴とする、伸びや変形特定船舶の原因とな慢性静脈不全に対して着実に進んでいます。 これは非常に共通の病態–それが第民ます。 統計によれば、外科病院、女性が6日から7日に回以上の頻男性です。 しかし、著者にその情報の内容に誤りがあり、その男性がvaricose脈の平等と女性の程度ものでしたが、この化粧品問題もつ少なく医師に低頻度の高いがある場合のみ顕著な症の慢性静脈不全に対す。

処理のvaricose静脈は足

当社の記事について学び、その原因は、機構の開発本病理学、症状の原則は、診断-治療のための方法と物理療法です。

の原因とそのメカニズムの開発疾患

Varicose疾患における下肢できる主な発生により他の先天性疾患の構造の静脈壁やバルブは不十分である疾患)および二次開発として合併症の深部静脈疾患、例えば、PTS)です。

多くの要因に負荷を増大さは脈を軽減させるtonusの静脈壁は、その増加の可能性が開発に特色 この:

  • 重肉体労働;
  • ホルモンの変化(思春期には、更年期障害);
  • の使用の合経口避妊薬;
  • 長期滞在には立位;
  • 当期の子供を抱ます。

の影響の因果関係を静脈船の増加に静水圧をの増加につながり直径および進展の機能障害のバルブ機器です。 その結果、流出血による皮静脈は難しいが、血液から深部静脈がスローされますの表面で溢れ出し、過度に伸ばしては、wriggled形の拡張子の異なる円筒形のバッグのハイブリッドです。 システムの適用可能、疾患の血液の停滞につながる障害の栄養学(trophism)の組織の下部には四肢の皮膚reddensは、枯渇が皮膚炎、湿疹、高度なステージ栄潰瘍ます。

科学者とvaricose静脈のような"回収"人bipedalismます。

3、4の患者で決の延長の伏在静脈(幹)に探しも、予約も、支払も、全部が拡散拡張を含む皮内)です。 8 10例の病変部位が決定されるものである盆地の大伏在静脈の残りの20%を最小伏在静脈とともに混合敗のとおりです。-

臨床症状

によっては重度の慢性的不足の静脈機能varicose疾患別の3つのステージに分かれ

  • I–の相対的な補償
  • II–subcompensation;
  • III–ステージのdecompensationます。

最初のステージの疾患患者の訴えは化粧品の欠陥のようなダ脈の蛇紋岩の変形、皮下静脈幹が表示されている、直立位置での患者が多く、練習の後には静的荷重などのまま出入り可能です。 主観的な感覚をこの段階では患者さん存在しておりません。

第二段階からの苦情の患者の追加、全症疾患の地域循環します。 患者の注意:

  • 疲労;
  • 激しさは、下肢、特に後行使は、
  • 感ヒリヒリと、お庭の下部には足;
  • 膨潤の足下の脛;
  • 痛みにこれらの部品の脚の強度、破裂、
  • 筋肉に戻る足下足しました。
varicose脈

後の患者の一部の時間を寝かの影響を受け肢を上げたあの救援–苦情"からはどんどん遠ざかっていく"もしくは少なくなり顕著になってきている。

視覚的にそして次の段階において、varicose疾患の大幅な拡大は、ornatenessの伏在静脈を最大限に表現し、患者の立したときに、最も負荷の静脈装置です。

第三段階では、視覚静脈には定常時に指定してい膨張の肢以下のサイトの局所化の病理学です。 これらの症状が追加され、疾患のtrophism(栄養)を肌で乾燥し、薄く、非常に赤い外観の潰瘍を中心に前-内側(内部)の表面下の三分の足が上記内側の足首ます。

患者さんの悩み、疲れを厳重に手足、特に顕著なの立位-歩行時に注意してください。

臨床応用の実践の国際分類の慢性静脈不全、完全に反映症状:

  • グレード0–慢性心不全の静脈機能はありません;
  • クラス1–見える皮膚のダ脈(telangiectasia)および網状静脈;
  • クラス2に定義されたツイス脈の変形のバッグは、
  • クラス3をはvaricose静脈に注意してくださの四肢;
  • クラス4の定義の栄養障害、皮膚に増加していた色素沈着、症状皮膚炎、湿疹;
  • クラス5–変化の特徴クラス4、栄潰瘍、癒されます;
  • クラス6–変化の特徴クラス4は、開栄潰瘍ます。

合併症のvaricose脈疾患

結果として損害の間伐の影響を受けvaricose静脈をはんだ付けは、皮膚のきの出血します。 が破裂の血を注ぎこれらのストリームを引き起こす可能性が重要な血液の損失ます。

第二重症合併症の急性血栓症します。 で現れた赤みの美肌の影響を受け静脈、苦しいシールのコードです。 これは危険な状態が血栓の一部これにより遮断しているから血管壁の血流、血管の肺は、脳、網羅しています。

めの診断varicose脈疾患は、当業者が多数の場合は、簡単です。 ただ、患者の苦情、既往の生命と疾患などの評価結果の客観的状態にします。 重要であるばかりでなく受け入れの存在がこの病態を決定するための条件のバルブの静脈の血管透過性–により戦術の治療ます。

評価の条件のバルブの患者さんに行機能試験:

  • 試験Troyanova-トレンデレンブルグ体;
  • サンプルプラット-2;
  • 裁判のハニアます。

評価のジの深部静脈をサンプルプラット-1ルー--pertiseます。

記載の技術の原理-原則の評価結果のサンプルをいたしませんので、リーダーから話題の記事です。

大きな価値の診断varicose脈超音波法です。 することが可能で思いっきの特性のパターンの血液の流れます。 申込:

原因varicose脈
  • 超音波dopplerography(判断ジの静脈よりの有無が還流する血液から深部静脈ペ);
  • 両面スキャンの色の設定の順にストリーム(こには、"診断しやすいの状況を把握するための表層-深部静脈のバルブの直径は容器の確認の有無thrombiウィーン)です。

先進事例のvaricose脈の適用に特別な手続きを評価するのは、筋肉-静脈ポンプ、ふくらはぎます。

治療

が主に2種類の処理–保守に手術です。 保守的には正常化の生活は、圧縮治療、薬物治療およびsclerotherapyます。 保存的治療なく、疾病を減速し、さらなる開発してまいりました。

その一環として保存的治療、リハビリ後の外科用治療物理的要因です。

生活習慣

患者はすべての感覚の言葉に留学することについて静脈:

  • 時間は短くな静的位置
  • ヘルシン運動は、
  • 足元を引き締めるのではなく、足の快適さ、剛性、ソールに小さなヒール、
  • 場合には、自然の活動の患者の長期滞在の座位を利用支援の下で、足に足を高い位置ですが、毎のまま1-1で終えました。5時間を休憩中を歩または上昇の足の10-20倍です。

また、体重の患者に、上記の規範で減らすべき。 食事は、お勧めです限塩摂取量と水分を摂取す。

圧縮治療

弾性圧縮の血の深部静脈を軽減で皮下静脈を抑制し、浮腫、活性化し微小循環及び代謝機構の組織です。

適用弾性包帯やストッキングします。 厳選することも重要となるツールの必要な患者の特定の度に圧縮します。 重要ではない、患者の技術の適切なbandagingの肢です。 Bandaging始まりの朝には、前のベッドの方向からつま先の大腿部などを把握し、足の足首ます。 Bandagingって追求する必要があるように後半の包帯と重複した。

医師が定める患者はコースのご利用な医薬品:

  • 手段と向上し、静脈;
  • 微小循環の改善;
  • 予防の形成-血栓;
  • 非ステロイド系抗炎症薬です。

Sclerotherapy

表示の実施方法についてのsclerosing治療:

  • のカテゴリーを拒絶患者の外科;
  • 再手術後–個人静脈瘤;
  • 最初の段階varicose静脈病
  • 禁忌です。
処理のvaricose脈

その方法から導入の影響静脈物質が損なわれる形の内側に容器の開発に繋がるだけではなく炎症の静脈とその後の抹消の申請(阻害)の内腔にします。 それは、処理後、ウィーンを停止することができます。

外科治療

手術の治療方法のvaricose脈の下肢ます。 で実施することができあらゆる段階にな禁忌です。 その介入が除去の影響が伏在静脈を使用して個別にカットします。 近年、内視鏡を用いた手続き–除去の病気の静脈を用内視鏡–フレキシブルチューブの光学デバイスやツールを終了します。

手術後のリハビリ

を最小限に抑えるためのリスクの特定症候群におけるすべての患者の術後期を実施すべきリハビリテーション活動にます。 の一つの重ね合わせの下腿および足の亜鉛-ゼラチンの包帯です。 この直後の手術の場合は、患者を設置してい排水には、24時間後の期7-9日以後に取り出したときに、縫合は削除されます。 患者は、所定のマッサージしたものではありません。

理学療法

この方法の治療varicose脈ではの強化を目的として静脈壁改善のための調により、改善の血液レオロジーと流出してから時間ほどの散策路がある。

増加の色調を静脈壁:

  • 電気泳動の組織の特殊な薬剤を患者ではタブレット、薬を受けたときは、で射出し、その地域の影響を受け容器の電極の横方向の技術と手続きを行って期間は1時間周波数のセッション–毎日または1の2日間のトリートメントコース–10に及ぼす影響
  • 治療セの患者の身体に圧場にさらされる圧力113KPaの手続き間の時間半、セッション毎日または1の2日間率は20から25に影響す。
予防

を改善し、血液やリンパ節からの四肢:

  • magnetotherapy低周波数(肢に置かれたユニットソレノイドの効果は、磁場は、期間のセッション20周波数分–1時間のコースでは13-15日に効果)、
  • 電気泳動のタンパク質分解酵素–手続15分~20分の間に行われ、横方向の技術毎日コースの12-15ト
  • マッサージ治療の行使によって、方法の抽出に優しい技術分野の病理実行され、1時間に一日コース12-15影響します。