Varicose静脈は足することはできなくのか?

Varicose脈病気の原因となる重大な違和感と負の影響を与える生活の質です。 この疾患が知られて以来、ヒポクラテスのものでした処理による手術操作します。 現在はいくつかの方法が考えられているの疾患の静脈、そのうちの多く痛くないが、女性だが、医師-phlebologistます。 かくvaricose脈を簡すか? というのがこの病気にせずに手術すか? これらおよびその他の疑問の答えいただくことを示しています。

かくvaricose脈

何varicose静脈か?

Varicose脈が特徴の損失弾性率、拡張伸びの血管です。 を含むくみ、疲労、焼成、重みの足の外観ダメッシュです。

多くがこの病気に影響する船舶は、下肢、内航船の骨および通じて以下の成果を得た。 の減速の血流を栓や潰瘍ます。

を診断する内部静脈できる医師が、静脈不全に下肢できます。 足にダメッシュ湾曲した肝静脈、皮膚のような始まり悪化の変化天然色(色が濃くなる。

今日、多くの方法があり扱うことの危険な疾患:手術と組合せ方法は、国立アプローチは、例えば、処理のvaricose脈の粘土です。 それぞれの個人の場合、医師の選択の方法によってはステージのvaricose脈の中での局在、存在感の合併症患者の年齢です。

最高処理が防止

受け継ぎないのは病気自体の体質で、適切な生活を大幅に軽減することができない場合の発生を防止varicose脈できるようにするべきな手術をします。

必要なものをなくした場合の体質や病気そのものか?

  1. あなたの食生活向上につながる製品の弾性静脈壁の血液希釈剤、すなわち、海産物、魚類、ナットツリー、ブルーベリー、山灰、海buckthorn、レモン、チにあります。
  2. への登録解除脂肪ので、辛さと塩味食品の抑制、消費の甘やゴワゴワとします。
  3. 着ない密着衣類、靴、ハイヒールあたり5人以上のcmです。
  4. お断りする習慣座"足の足"です。 モニタリング重量です。
  5. を放棄する温泉大浴場、サウナ、浴場にございます。

マッサージvaricose脈の下肢であるが、同時に有効な手続きによく用いられるアジュバントします。 この方法を向上させることが可能です血液の循環と疲れをほぐす。

身体活動

ン、ふくらはぎの筋肉として追加ポンプに責任を押して血液から下肢ます。 き慣のない生活は、このメカニズムがアイドルなのにあっ血およびその他の症状です。 に定着作業がる可能性はありませんの構造を定義しなければいけませんでロールからつま先にヒールが立てら足を足します。 最シvaricose静脈は、徒歩圏内です。 -に飛び込んで走行可能となり、最初の段階です。 約筋力トレーニングと体重を吊り上げています。

の初期段階において、疾患で特別な医薬品–錠剤、カプセル剤、軟膏、ジェル、tinctures外に使用します。 これらの資金を免れ、足の疲労強化、血管壁とのさらなる発展の特色 の薬のできない迅速かつ永久的に血管ネットワークとのハンセン病患者-回復者は病気と、その定数は、定期的にご利用特殊ツールできる事実の永続的な効果します。 最適な結果をできるだけ使用のタブレットや外部の貼り薬です。 唯一の欠点の錠剤やカプセル–児には禁忌で最初の学期の妊娠中や授乳期ます。

ヒント: 特定の資金を投与による医師のみを審査します。

圧縮治療

処理のvaricose脈

先端の分析varicose脈、医師の着用をお勧めし圧迫または創傷の脚の弾性包帯です。 これらのメソッドを使用すると低減の内腔の血管は、回復を促進するため、患れ、復元血流の進展の疾患です。 の利益の圧縮靴下では、簡便な操作により、今まで見たこともないようにタイツやストッキングします。 この冬のコレクションのメーカー身につけることができるものとして予防措置、特に重要な妊娠中ます。

ヒント: 圧縮の程度の圧縮を選択可能、医師に基づき、静脈の治療法です。

手術方法

上記の方法だけを停止することができ、進行病、がんの症状のvaricose静脈の血管網の船舶は、ほとんど不可能である。 この欠陥が可能にな外科的介入など、

  • レーザー凝固–血管内運用の目詰まりのチャンネル;
  • 除去の問題を小切開創の足による特別プローブは、
  • sclerotherapyの"接着剤"の影響を受けます。

の運営な開発を妨げるものの再発–削除のみを問題視船のノードです。 そのため、が重要となりますので、正しいデータのアドバイス、医師でも健康的な静脈で病気になってます。

07.12.2018