食varicose脈のリスト製品のレシピ

非常に重要varicose脈のない薬も特別な食事です。 ほとんどの医師はphlebology一つの声と言われるようです"ヘルプ"は、病血管、その他の増加の病気です。 ここの食事とその特性か。 まで開催されます。

食varicose脈

何を食すか?

食varicose脈が重要です。 この機会にな悪化させ、既存の問題に時間ほどの散策路がある。

の主たる目的の遵守:

  • 削減の肥満です。 者の場合、本質を見失わないようトレードマークのポンド、その他の治療varicose脈れは絶対に無駄にはなりません。
  • の減少粘度の血液です。 のいわゆる生物生産特性は、血圧を下げます。
  • 正規化の血液の流れます。 への負担を軽減の影響は、船舶の浄化法の体に蓄積した毒します。
  • の削減に膨潤します。 を提供しながら、身体に十分な量の液体です。
  • 強化血管します。 できる加速過程での処理のvaricose脈防止への移行の疾患に参加するインセンティブは何か。

個々の患者さん、医師の選定は個別に食事を考慮:

  • 年齢
  • 体重;
  • の存在が患;
  • アレルギー感度、特定の食;
  • 生活習慣;
  • 全体の健康ます。
しかし、食事のためのvaricose静脈は常に基づく一般原則を低減する可能性の合併症や再発です。

食varicose脈の種類

をしていただきますが,varicose脈に影響することがない限と下肢の骨盤領域の食道ます。

食varicose脈足です。 ることが下手足を最も受けやすいこの疾患としての特色 国会は、この病気は完全に拒絶反応の食品を引き起の姿を浮腫や体重増加します。 大部分の日常食(約70%の患者がこの病態は野菜や果物、料理に合っています。 彼らによって製造することができる方法で、水蒸気、蒸し焼きにします。

その他の食varicose脈の下肢:

  • は完全に放棄漬け食品、漬物、お菓子、食塩、コーヒーです。 これらすべての製品で液体の増加を膨らみます。
  • 少なくとも1~2回の週のためにはいわゆる日間の断食です。 この時期にはほとんどはなくなると考えられる断食の消費として多くの純炭酸水、ハーブティーや点滴、フルーツが楽しめます。

食varicose静脈は、骨盤です。 この疾患が最も多い女性に関し、出産、経口避妊薬は、慣です。 どのように、援助の健康食を提供し、大きな摂取が食品の豊富なファイバ、タンパク質です。

その主な目的食varicose静脈は、骨盤を防ぎ便秘、悪化の現の疾患のための適時再生の壁を傷ついた血管します。

特食事:

  • 完全に拒絶反応のアルコール飲料、油脂食品の"高速"炭水化物;
  • 主を重視し、食べる穀物、野菜、全粒パン、ぬ;
  • から除外食の辛さと塩食品を原因となりうる便秘、乱して蠕動(ぜんどう)運動(例えば、小麦粉)にします。

食varicose脈の食道ます。 なかなか難しい疾患で、多くの患者さんのために長時間を気にしないでください。- 同時に、この病気を必要とする"剛性"食負荷を低減するには、食道、胃、工程の通過食品の軽量化を達成しています。

最も重要な原則は、食事:

  • お食事は多分少なくとも5-6日のお食事は毎日
  • の部分のサイズは最小;
  • すべての食料を十分に咀嚼し、理想的には、あのお料理セミ液体形態を避けるためにtraumatizingの壁には"問題"の食道;
  • 最後のお食事は、少なくとも4時間就寝前;
  • から、食事の重要性は排除肉、脂肪食品、缶詰辛い食品や香辛;
  • 1時間週に配置空腹時の日が多く、ジュースのメロン、スイカ、果実又は野菜ジュースなど)。
  • 消費を最小限の肉、置換され海の幸、無駄のな種類の魚;
  • るアルコールの強いbroths、コーヒーや紅茶;
  • 食事を準備すべきより沸騰し、焼成、蓄ッ;
  • 主を重視し、食べる乳製品、穀物、食品の豊富なファイバ
  • 食べきではないものは、"暑さ寒さが厳しい;
  • 軽朝食することを義務化するべきだと思この疾患としてvaricose脈の食道ます。

の栄養食品

食varicose脈。

多くの患者さんの苦しみからvaricose脈私の栄養食品のにおいて最も重要な要素であること。 医師-phlebologists一つの声の主張に最も役に立つ場合の問題血管:

  • ビタミンeの推進の弾性血管します。 まれる植物油、卵、発芽穀物です。
  • アスコルビン酸です。 削減の程度の炎症の大小血管、血液希釈剤です。 ベリー、キウイ、トマト、かんきつ類などについて、指定された要素になります。
  • 処理ルチンです。 主にビタミンを確保できるよう、健康の血管を通して、身体ます。 を含む大量にナット、緑茶、柑橘果皮、赤、ブラックカラー。
  • のbioflavonoidsます。 特殊な物質は、正常化プロセスの静脈循環,現在の大量の桜黒桜ます。
  • 銅します。 防止の観"と呼ばれる静脈瘤、弾力性の血管です。 海の幸を含む大量の物質です。
  • ファイバです。 を確保する通常の消化管を抑え、便秘、共通の原因の特色 すべての工場が食品に含まれている高額の繊維ます。
  • 水です。 の血液のベトツキが少なく、血液の流れをストレスの軽減に問題のある時間ほどの散策路がある。

とvaricose脈することが非常に重要なだけでしたが、特定の食事、および違反することがないようお勧めです。

基本的にルールが大きすぎないかも合:

  • 朝食をします。 での朝の目覚めの身体の交付を受ける必要があ約50%の毎日の摂取量のタンパク質と炭水化物ます。 このため、一杯のコーヒーとホイップアップサンドイッチと考えられていない完全かつ健康的な朝食です。 いずれ、怠けることを毎日料理ヴィラアレッサンドラは全館禁煙です。
  • 数が多いです。 代表的な3食の食事の日に分割して5-6日のお食事です。 ることができない過負荷の消化システムの負荷を軽減。
  • この商品につけられる前に服用します。 しかし、夕方に苦しむ患者さんのvaricose脈るべきから排出される粗大ごみは食べ物や軽食をご利用いただけます。 同じルールの改善意欲の朝ます。
  • 飲まないお食事の際にします。 ことが重要で希釈の胃ジュースを提供する高品質を消化します。
信朝食欲不振、専門家をお勧めしに30~40分前ます。

許可-禁止製品

適切な食事varicose静脈には食事からのいわゆる"許可リスト"の拒絶反応の製品からの"禁止"です。

何か?

主重視の患者さんには:

  • 肉と魚です。 使用鶏では、子牛肉、海や川魚、蒸します。 お食事でおすすめの追加を最小限の塩、無限の量の液体です。
  • 藻類です。 その構成鉱物およびその他の要素を強化することに役立っています。
  • 穀物です。 タやそば、うまくコーデにとりいれる方法 これらの穀物を含むファイバは、通常運転時の消化管の栄養体に必須のミクロとマクロます。
  • 乾燥アプリコットやプルーンです。 果実の豊富なカリウムやマグネシウム、修復効果の静脈には、薄型の血液としての代替に有害なお菓子です。
  • 水です。 主成分の食事に苦しむ人々からの特色 ことが重要で飲む少なくとも二つのリットルです。 いることが好ましい飲平野炭酸水やハーブティーや絞り立てのジュースです。
  • しょうが、タイムです。 めの物件です。
  • 海鮮ます。 主にオメガ-3脂です。 この物質を防止血栓の調的には血管を保つための健康ます。
  • くるみ、大豆ます。 たくさんのビタミンEを提供する良い弾力性の血管です。
  • 新鮮な果実、果物です。 のビタミンC強化される血管です。
  • 小麦芽です。 効果的な洗浄の腸ージ組版に便で、削除します便秘の栄養血管が重要なビタミンです。

何なのか?

にかかわらずのようなタイプのvaricose脈患者の問題血管を停止しなければなやの使用量を最小限にするよう、以下の製品:

  • アルコール飲料です。 遅延液体の憎悪化の浮腫、高負荷の病気をはらいます。
  • から揚げ、スモークします。 性の炎症過程の静脈に血液粘度ます。
  • 小麦粉、甘いものでした。 トロッと血液の提供を迅速に強のポンドが可能です。
  • 塩ます。 高膨満の下肢ます。
  • 強いお茶やコーヒーです。 刺激増加し血液粘度が増加し血圧、高負荷時間ほどの散策路がある。
  • Sodasます。 を禁じる損害についても一切責任を負に消化管を含むvaricose脈の食道と胃のです。

今日の最適な食事varicose脈ではありません。 主なものは以下に報告するように、すでに"健康食品"です。 またサンプルメニューの患者のvaricose脈の一週間は、できる基盤として、補自分好みのお料理です。

食varicose静脈か

何もいかがですか?

一人が特別食を拒み禁止品の体内動機構の自浄します。 この時ているが、そこでは彼が必要とのバランスが重としているのが現実です。 増水の飲料、確実に、協調作業の排泄システムの過程でのクレンジングの腸管および血管より快適にします。

優先課題でダイエット中varicose脈の品質の水を消費します。 飲むタップしてもcoctum、推奨できません。 最大の"浄化"は、血管および腸管での一種による消費特に水またはミネラルウォーターです。 ですの向上に貢献できる組成物の血液、液状化します。

何かを飲みます。

  • 緑と生姜紅茶;
  • ハーブ茶、
  • 天然果汁から野菜や果物が使われています。 最も役に立つクランベリー、トマト、オレンジです。
  • 少量可弱い紅茶です。

メニューの7日間

月曜日

  • 朝食–野菜オムレツ、弱い紅茶やパンです。
  • 第朝食–フルーツゼリーです。
  • ランチ–魚のスープ、牛肉のステーキ-おかゆ-煮込みます。
  • ディナー–テージチーズ鍋料理、カップの生姜紅茶です。

火曜日

  • 朝食–雑穀粥Apple、Appleのロゴは、緑茶です。
  • 第二の朝食はアップルやその他の許されます。
  • ランチ–野菜のスープでは、蒸し魚-サラダ-季節の野菜です。
  • 夕食–そば蒸気の串カツ、ベリースムージーです。

環境

  • 朝食スクランブルエッグ卵とグリーンピース、果実又は野菜のジュースがあります。
  • 第二の朝ご–キウイ、自家製低脂肪ヨーグルトです。
  • ランチ–鶏スープ、サラダ、エす。
  • 夕食–焼きリンゴ、ガラスのkefir発酵焼きます。

木曜日

  • 朝食–お粥-お茶と生姜です。
  • 第朝食–ベリースムージーです。
  • ランチ–マッシュポテト、煮魚、煮込みます。
  • 夕食は、野菜、牛肉、焼き穏やかなお茶です。
食varicose静脈かない

金曜日

  • 朝食–全体の小麦パン、チーズ、ココアです。
  • 第朝食–フレッシュジュースなどです。
  • ランチ–野菜の煮込みとトルコ、サラダ、野菜です。
  • ディナー–カップのヨーグルト、キウイフルーツです。

土曜日

  • 朝食–エ水、生姜紅茶、パンです。
  • ランチ–サラダのトマトや卵します。
  • ランチの出汁が野菜の煮子牛肉、グレープフルーツです。
  • 夕食–野菜の鍋料理、パン、チーズです。

日曜日

  • 朝食–小麦雑炊と鶏肉の煮、紅茶と生姜です。
  • 第朝食–ヨーグルトです。
  • ランチ–スープと子牛肉や野菜、焼きスカッシュinc.の商標または登録商標です。
  • 夕食–ぬいぐるみペッパーズ、ヨーグルトです。

を忘れない、軽食をご利用いただけます。 プロフェッショナルと軽食するフルーツサラダ、乳製品、ナット、新鮮な果汁です。

ご覧の通り、食事varicose脈になれない厳しいが必須です。 ほとんどの場合、呼び出すことができる代表的な健康的な食事をします。 接着の基本原則の一覧を許可-禁止食品の患者varicose脈含みますは、特段の記載がない限の合併症の疾患ものの、改善のための条件を悩ます。