Varicose脈の足できるものですので、症状の予防

Varicose静脈は足

痛みや重み、足を切り換えて表示することができ悪循環を可能にしての一歩を踏み出す特色 この記事:varicose脈の足の原因、症状により防止します。

人の専門家および循環器内科医の認識varicose脈疾患の危険には、"撮影の最初の足しにします。" 死の脅威は合併症のvaricose脈:thrombophlebitisは、血栓症は、栄潰瘍、出血します。

女性には遺伝子predisposedにvaricose脈と3倍となる恐れがあ疾患です。

最近では、この病気は急速に"若い"、その症状は見つかりでも学生です。

varicose脈での利得のためのトンドバッグを哺乳動物な問題は時間ほどの散策路がある。 こvaricose静脈は旧約聖書の中でも少し変わっています。 にはビザンチン文になっていない病気"崩壊脚"です。

のミイラは、調査で出土の古代の墓所エジプトで発見された痕跡のvaricose脈、静脈潰瘍の足です。 科学者や歴史学者という結論を出したのは、疾患に伴う人類の歴史の中でます。

のきっかけは、発varicose脈としての不均衡のエラスチンとコラーゲンは、体の失弾性静脈壁、間伐やストレッチ性があり静脈弁です。 静脈とバルブでは対応できない、血液の流れでは逆の流れの停滞する。

原因varicose脈

静脈瘤
  1. 遺伝的素因 の主な理由のすべての患者ます。

    のリスクvaricose脈を70%にする場合、親、祖父母、祖父母を被ったから特色

    の中で継承自体は病気ではありませんが、遺伝的構造の静脈:弱い結合組織は、静脈壁は、先天性欠陥弁静脈ます。

    そのvaricose脈でも起こる可能性があり若く、健康で活躍す(男女問わず)人も子どものです。

  2. 変化ホルモンバランスは、身体ます。

    思春期、妊娠、出産、更年期には、月経が自然要因に害を及ぼすホルモンバランス女性と説明していくりにより、脆弱性疾患における静脈ます。

    ホルモンの原因varicose脈が広がってきています。 これにより 、普及に弾みがつくのホルモン薬の治療に代謝疾患、更年期障害は、避妊 などです。

    科学者の実績があるプロゲステロン(女性ホルモン)が、エストロゲンとその類縁体の破壊するコラーゲン弾性繊維は、大幅に低減tonusの静脈壁ます。

  3. 炎症プロセスは、骨盤および生殖器官 特に女性)の印象的な小さな静脈、生き生きとホルモンの障害ます。 としての調査の結果の間のコミュニ静脈と動脈、静脈の血液が大量かつ高圧です。 うvaricose脈のバルブなのに対応しておりませんので逆に血液の流れます。 その結果、静脈瘤ます。

  4. 神経疾患です。

    の弾性静脈壁を制御する神経終末ます。 を得た場合、その活動の変化時のストレスは、うつ病、神経症等)、 静脈音の減少、内腔部の船舶が拡大しています。

  5. 身体活動家や専門職の増加の圧力脚の静脈ます。

    垂直の位置で、人間の身体を自然の増加、血管の足の静脈の圧力します。 場合は、静荷重、圧力の立ち位置を増幅することが可能である。 この時重量挙げ、妊娠、出産、肥満は、長年に足などです。

    リスクグループの経営者、教師、美容院、宅配便、ポーターなど。

  6. 6ます。 慣自然の仕事や生活習慣です。

    職業および依存するコンピューターの最も一般的な原因はvaricose静脈によると、医師ます。

    の座静脈に挟まれ、血液循環がつくられている。 でphlebologyこの場合には、技術的な期間:"コンピュータvaricose脈"です。

    の筋肉脚歩行機能の"ポンプ"、ポンプの血液をあげます。 まだ移動し、血管の音が静脈圧が上昇すると、血液が停滞します。

  7. は、弱めの免疫システム、疾病、傷ます。

  8. 性別します。

    女性には、疾患の船が頻発による遺伝的素質です。 男性が発生することが少なくなりvaricose脈のものが取り扱ってより不用意により女性医師の手当てを受ける場合は、文字通り"崩壊"とは、遅くと危険な段階です。

  9. 長期便秘、くしゃみ、咳等の症状の 増加intra-腹部圧力と圧力の脈破壊機能の静脈弁です。

  10. 平足です。

  11. 狭い靴、ハイヒールです。

  12. 体憲法 -背の高い人になります。

平足

症状のvaricose脈

最初の兆候が脳循環:

  • 表面の皮膚の表示が血管網"赤色-青色;
  • 痛、重みは、燃焼感覚(足"燃焼"は、かゆみ、足を後半の日
  • しびれ、足に戻夜、朝ます。

次のステップ:

  • 肌にあるトロッと暗く、剥が、彼女はスポットが表示され、
  • の筋肉の足の痛み、悪しきに歩きながら、子牛;
  • にshinsの足による静脈ノードでは、突起の上皮膚表面の;
  • 時の感指の地域の静脈の痛みます。

むくみ、足元のエフェクト-重大な警告、身体の進varicose脈の深部静脈を主機能です。 この段階では危険な合併症:thrombophlebitisは、血栓症は、栄潰瘍、出血が起こりからわずかな影響は非常に難しい。

どんなに危険はvaricose脈

危険なので、ハンセン病患者-回復者は病気とその合併症:thrombophlebitis、炎症の内壁の静脈の原因とな血栓します。 血栓ブロックのルーメンの静脈(phlebothrombosis)又は引張り壁面からの血管の肺栓塞栓症)です。

これらの合併症に脅威を与える、生命、特に栓塞栓症は、しばしば死を迎えます。

な死の脅迫、治療のvaricose脈てない"日本がはき違えている可能とするphlebologist、結合の研究、抗血栓性が挙げられます。

防止varicose静脈とそのさらなる発展

歩くより立ちます。 座ったり立ちます。 あります。 この既成概念にとライフスタイルを愛する人は自分の足です。 の筋肉足する必要を強化したりして水平位置、好ましくは上昇します。 ひざすべきます。

きのリスクが強制立っていても座った。 通常の循環に必要な通常の筋肉の収縮、心ます。

活動的なライフスタイル:お楽しみ水泳、サイクリングを楽しんでいます。 ながらハイキングで歩きましょう緩やかな負荷の足で歩けます。

身体活動すべきでない長期間および過剰感が高まっている。

までの長年、シフトから徒歩足、おつま先ます。

だって長い時間:

  • 足元のテーブルに! 可能な場合は、引っ張り時の足を心レベルの向上に流出血液から下静脈ます。
  • ができると思うのですがに足のスタンドです。 これにより、静脈圧を行う簡単なエクササイズの足元に座りながらです。
  • っていない時には毎時10分に筋肉を伸ばします。
  • 座りながらげ、努力の先には、この運動濾筋肉の脚を演出血の流れを上向きになるようにします。

着圧縮ストッキングでは妊娠の場合の平面、長旅の輸送は、トレーニング器具とトレッドミルです。

Varicose脈のないように:

サウナ、スチームルームがありますので、solariums
  • 温泉と長風呂やシャワーの温度上36.8度以上で10分です。
  • 治療のホルモンの場合はご相談くださいとphlebologistます。
  • ホルモン避妊剤です。
  • 加熱手続きます。
  • Depilationとワックス紙にはじまります。
  • サウナ、スチームルームがありますので、サンルームです。
  • ハイヒールの高4cmの場合、筋肉のふくらはぎがいない減少することが停滞の関節します。
  • 重量です。
  • アルコール、喫煙、食べ過ぎます。
  • 辛いので、塩分は、脂肪食品です。
  • 重袋(旅行の店舗で購入バッグタイヤホイール)です。
  • 自己medicate実験の健康ます。

現在、医学部は非常に効率的かつ有効な治療法の特色 の初期段階での観光の拠点には最適な立地に根本的な治療法です。 な疾病に失われつつあるという、貴重な時間を怪しげ実験については、phlebologistます。

ます。 飛歩行きます!